QHS



幸福実現党が衆院選に26人擁立 [産経ニュース]

2016/12/14 20:00  Category:ニュース

産経ニュース 2016.12.13 18:54更新
http://www.sankei.com/politics/news/161213/plt1612130025-n1.html
幸福実現党が衆院選に26人擁立

 幸福実現党は13日、次期衆院選の選挙区の第1次公認候補26人を発表した。いずれも新人。候補者は以下の通り。(敬称略)

 北海道5区=森山佳則▽青森4区=三国佑貴▽宮城1区=油井哲史▽栃木3区=石渡剛▽埼玉3区=飯田剛▽神奈川3区=壱岐愛子▽東京6区=中岡茉妃▽同10区=吉井利光▽同14区=清井美穂▽石川2区=宮元智▽山梨1区=西脇愛▽三重2区=坂本麻貴▽滋賀2区=荒川雅司▽岡山2区=田部雄治▽同5区=加藤健太▽広島2区=水野善丈▽同3区=野村昌央▽山口1区=河井美和子▽徳島2区=福山正敏▽福岡6区=西原忠弘▽佐賀1区=中島徹▽熊本2区=木下順子▽大分2区=上田敦子▽沖縄1区=下地玲子▽同3区=金城竜郎▽同4区=富川泰全

*    TB(-) | CM(0)


幸福実現党の元広報担当部長らに有罪判決 参院選で買収 [朝日新聞]

2016/11/18 18:00  Category:ニュース


朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJCL3D6WJCLUTIL00R.html
幸福実現党の元広報担当部長らに有罪判決 参院選で買収
2016年11月18日11時21分

 7月の参院選東京選挙区で、幸福実現党の公認候補への応援演説をしたタレントに現金を渡したとして、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた同党元広報担当部長菊地健介被告(44)ら陣営関係者3人に、東京地裁(中島真一郎裁判官)は18日、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

 ほかに判決を受けたのは、党員で元スポーツ紙記者の一木昭克(あきよし)被告(48)と元芸能事務所幹部の今井一郎被告(61)。中島裁判官は、今井被告に追徴金30万円も命じた。

 判決によると、菊地、一木の両被告は今年6月、党公認で立候補して落選したトクマ(本名・椙杜〈すぎのもり〉徳馬)氏(50)の応援演説をしたタレント(52)=有罪判決が確定=への報酬として、仲介した今井被告に40万円を渡した。今井被告は30万円を受け取り、残りの10万円をタレントに渡した。

*    TB(-) | CM(-)

長野県東御市議会議員選挙(2016)

2016/11/08 17:00  Category:ニュース

長野県東御市議会議員選挙(2016)

告示日   2016.10.30 (日)
投開票日  2016.11.06 (日)

定数17人

https://candidates.hr-party.jp/elections/2016/750/
横沢 えつこ
幸福実現党東御支部長・
「信州リンゴ会議」副代表
主な経歴
長野県立野沢南高等学校卒後、中央証券に入社して、証券事務を担当。

得票数 183票  落選
立候補者18人中18位


画像 「選挙に行こう」東御市議会議員選挙(2016)
http://senkyo-sokuhou.net/tomi-nagano20161106
東御2016
小数点は 按分票

*    TB(-) | CM(-)

2016年11月富山市議会議員補欠選挙

2016/11/07 21:32  Category:ニュース

富山県富山市議会議員補欠選挙

告示日   2016.10.30 (日)
投開票日  2016.11.06 (日)

富山市議会(定数40)の補欠選挙
不正発覚前の欠員1を加えた被選挙数は 13


https://candidates.hr-party.jp/elections/2016/780/
吉田 かをる
幸福実現党 富山県本部 副代表
主な経歴
いじめから子供を守ろう!ネットワークとやま 代表
元・富山県立高等学校講師
得票数 2,096票 得票率 2.34%
25人中20位 落選 


DADABOX
http://www.vontokio.com/archives/1977

  候補者名  党派      得票数 得票率
1 大島満  無所属      6,284  7.02%
2 舎川智也 無所属(自民支持) 6,121  6.84%
3 髙田真里 無所属(自民推薦) 5,445  6.08%
4 髙道秋彦 無所属(自民推薦) 5,033  5.62%
5 吉田修  日本共産党     5,030  5.62%
6 江西照康 無所属(自民推薦) 4,536  5.07%
7 東篤   社会民主党      4,531  5.06%
8 小西直樹 日本共産党     4,372  4.88%
9 上野蛍  無所属        4,156  4.64%
10 押田大祐 無所属(自民支持) 4,131  4.61%
11 島隆之  無所属        4,106  4.59%
12 木下章広 日本維新の会   4,017  4.49%
13 金井毅俊 日本維新の会   3,905  4.36%
14 金谷幸則 無所属(自民推薦) 3,891  4.35%
15 若林真由美 無所属      3,860  4.31%
16 星名正人  無所属      3,562  3.98%
17 岡部享   社会民主党    3,383  3.78%
18 道永麻由美 社会民主党   2,760  3.08%
19 砂田喜代正 日本維新の会  2,433  2.72%
20 吉田かをる 幸福実現党    2,096  2.34%
21 中井康博  無所属       1,922  2.15%
22 松永定夫  無所属       1,384  1.55%
23 保坂祥太  無所属       1,011  1.13%
24 吉沢剛   無所属        789  0.88%
25 石川雄士  無所属        785  0.88%


中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016110502100010.html
 政務活動費の不正で十二人が辞職した富山市議会(定数四〇)の補欠選挙が六日、投開票される。県議選出馬に伴う欠員一を含めた十三議席を巡って新人二十五人が立候補し、不正の再発防止と政活費制度の改革を最大の焦点として訴えを繰り広げている。




*    TB(-) | CM(-)

祖父母殺害の少年に懲役10~15年

2016/11/01 20:54  Category:ニュース

祖父母殺害の少年に不定期刑
NHKニュース甲府 11月01日 17時59分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/1045126171.html

去年9月、富士河口湖町の住宅で80代の祖父母を殺害したとして殺人の罪に問われた当時18歳の少年の裁判員裁判で、甲府地方裁判所は「強い殺意に基づく極めて危険な犯行で、結果は非常に重大だ」として、懲役10年から15年の不定期刑の判決を言い渡しました。
この裁判は、去年9月、富士河口湖町の住宅で、当時、18歳の高校3年生で、現在19歳の少年が83歳の祖父と81歳の祖母を包丁で刺すなどして殺害したとして、殺人の罪に問われたものです。
審理は、裁判員裁判で行われ、検察が懲役10年から15年の不定期刑を求刑したのに対し、弁護士は、「少年は、自分の行動を思いとどまる能力が弱っていた」として、懲役7年から12年の不定期刑が相当だと主張していました。
1日の判決で、甲府地方裁判所の丸山哲巳裁判長は、弁護士の主張について、「少年の生い立ちに不遇な面があることは否定できないが、犯行をみずからの判断で計画的に進めていることや知能や特性は正常な範囲内での個性の違いにすぎないことから大きく考慮することはできない」と述べました。
また、「祖父母を殺せば母親が遺産を相続し、希望する高校に入り直す費用が用意できるなどという動機は、短絡的で自分勝手だ」と指摘しました。
そのうえで、「少年は、相当強い力で頭や胸など体の中心部を包丁で刺していて、強い殺意に基づく極めて危険な犯行で、2人の尊い命が失われたという結果は非常に重大だ」として、検察の求刑どおり懲役10年から15年の不定期刑の判決を言い渡しました。
判決のあと、少年の弁護士は、「判決では少年が不遇な環境にあったことは認められたが、少年の知能や特性について十分に考慮してもらえず残念だ。控訴については本人と話して決めたい」と話しました。
判決のあと、裁判員が記者会見に応じました。
このうち40代の看護師の女性は、「少年の未来をどう考慮すればいいか、非常に悩みました」と話していました。
また、40代の女性は、「自分も同世代の子どもがいるのでもし自分が親だったらと考えてしまうことがありました。裁判が終わってほっとしたような、まだ、ほっとできないような感じです」と話していました。



孫の少年に懲役10~15年=祖父母殺害―甲府地裁
時事通信 / 2016年11月1日 18時15分
http://sp.m.jiji.com/generalnews/article/genre/social/id/1723644

 山梨県富士河口湖町で昨年9月、祖父母を殺害したとして殺人罪に問われた孫の少年(19)の裁判員裁判の判決が1日、甲府地裁であった。丸山哲巳裁判長は求刑通り懲役10~15年の不定期刑を言い渡した。
 判決は動機について、祖父母を殺害すれば少年の母親が遺産を相続し、希望する高校に入り直す費用が用意できるなどと考えたと指摘。「短絡的で自分勝手と言うほかない」と批判した。
 弁護側は「家庭環境の複雑さなどから、行動を思いとどまる能力が弱くなっていた」と主張したが、判決は「犯行を計画的に進めている」として退けた。
 判決によると、少年は高校3年だった昨年9月27日午前2時20分ごろ、富士河口湖町の祖父母宅で、祖父=当時(83)=と祖母=同(81)=を、あらかじめ用意した2本の包丁で殺害した。 


祖父母殺害、19歳少年に不定期刑…甲府地裁
読売新聞 2016年11月01日 18時58分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161101-OYT1T50113.html

 山梨県富士河口湖町で2015年9月、80歳代の祖父母を殺害したとして、殺人罪に問われた孫の少年(19)の裁判員裁判で、甲府地裁は1日、求刑通り懲役10年以上15年以下の不定期刑とする判決を言い渡した。

 少年法が定める不定期刑の上限。

 丸山哲巳裁判長は「持参する物のリストを作成し、着替えや変装用のマスクを用意するなど計画的な犯行だ」と指摘、動機については「希望する高校に入り直す費用を得るため、母親に祖父母の遺産を相続させようとした」などと述べた。

 判決によると、少年は高校3年生だった15年9月27日午前2時20分頃、祖父母宅で、祖父(当時83歳)と祖母(当時81歳)の首などを包丁で刺して殺害した。
Copyright © The Yomiuri Shimbun


*    TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

月別アーカイブ

>>全記事更新履歴


外部リンク

    ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

    http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
    犬猫リンク集