QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

「神秘の法」スペシャル・ジュリー・アワード賞 トロフィーが届く

2013/09/21 19:26  Category:映画・アニメの記事など

週刊HSニュース 2013/9/21 より

★トップニュース★

◇映画「神秘の法」の受賞トロフィーが届きました!
2013年4月12日~4月21日にアメリカ・テキサス州で開催されたワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭において、「神秘の法」がスペシャル・ジュリー・アワード(REMI SPECIAL JURY AWARD)を受賞しました。これはグランプリにあたるグランド・レミー・アワードに次ぐ賞であり、日本の長編アニメーション映画として初の受賞となります。この度、製作総指揮をされた大川隆法総裁先生のお名前入りの受賞トロフィーが届きました!現在、幸福の科学公式サイトのトップページでは、大川隆法総裁先生がトロフィーを持たれたお写真を掲載中です。ぜひご覧ください!
http://happy-science.jp/?utm_source=newsJpn&utm_medium=email



総裁とトロフィー

     TB(0) | CM(0)


尖閣諸島に上陸!ミュージシャンTOKMA、愛国心の大切さを訴える [シネマトゥデイ]

2013/06/22 23:49  Category:映画・アニメの記事など

尖閣諸島に上陸!ミュージシャンTOKMA、愛国心の大切さを訴える
2013年6月22日 13時57分  http://www.cinematoday.jp/page/N0054134

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 昨年9月18日に尖閣諸島・魚釣島上陸を果たしたミュージシャンのTOKMAが22日、オーディトリウム渋谷で開催されたドキュメンタリー映画『尖閣ロック』初日舞台あいさつに登壇し、愛国心の大切さを訴えかけた。

 刺激的な題材故に公開に二の足を踏む劇場が多く、なかなか公開館が見つからなかったという本作。それだけにTOKMAも「本当にヤバい映画だったんで、こんな日が来るとは。(本作を上映する)オーディトリウム渋谷さん、関係者の皆さんのおかげです。ありがとうございます」と晴れ晴れとした表情を見せる。

 魚釣島に上陸した理由として、TOKMAは「愛国心」を挙げる。「愛国という言葉に悪いイメージが漂っていますが、僕にとっては普通のこと。もちろん日本が全て正しいとは思わない。でも、自分の家に他人が土足で入ったら、おいおいと思いますし、勝手にいろいろなものを建てられたら怒るのは当然。でも外国から言われっぱなしで、駄目なことは駄目だと言わなきゃいけないと思う。ただし、目くじらを立てて愛国心をあおるのではなく、愛国心の大衆化ができたらいいなと思っているんです」とその思いをぶちまけた。

 そして、この日のイベントの後半部分ではTOKMAのライブを実施。魚釣島ではほうきをギターに見立て、自曲の「I LOVE ZIPANG~自分の国は自分で守る。」を熱唱したことを踏まえ、「魚釣島ではヤギとサメしか観客がいなかったけど、今日はたくさんの方がいるので、気持ちよく歌えそう」と切り出すと、ギターを手にストレートなメッセージソングを披露した。

 語りたい思いがあふれ出すのだろうか、一曲披露するごとにTOKMAは熱を込めたメッセージを観客に送り続ける。「都知事選のときに、僕が『南京大虐殺や従軍慰安婦は一方的なでっちあげだ。僕らのじいちゃんたちは、植民地支配を終わらせた。初めて白人の帝国主義に歯向かった唯一の民族なんだ』と演説をしていたら、ある若者が来て『TOKMAさん応援します』と。『君、日本語が変だけど、どこの人なの?』と聞いたら『中国人です』と。そして『中国を民主化してください』と言われたその言葉がずっと忘れられないんです。若者の心にはいつだって自由と発展がなくてはいけない。僕だって(魚釣島上陸は)怖かった。でもほんの一瞬のヤケクソと勇気が混ざったような気持ちでしたから。それが一つでも若い子の役に立てればなと思っています」と決意を述べていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『尖閣ロック』はオーディトリウム渋谷で公開中

     TB(0) | CM(0)


TOKMAの映画『尖閣ロック』の公開初日。舞台挨拶があるのに客が少ない?

2013/06/22 21:53  Category:映画・アニメの記事など

ツイッター から

藤倉善郎  https://twitter.com/daily_cult/status/348251700131414016

せんかく1

ツイッターの下部に表示される日付と時間、なんだかいつも日本標準時じゃないみたいなんだけど。どうなっているのやら?


     TB(0) | CM(0)


尖閣諸島上陸、その背景にあったものとは?政治ドキュメンタリー関係者が徹底討論![シネマトゥデイ]

2013/06/22 21:48  Category:映画・アニメの記事など

尖閣諸島上陸、その背景にあったものとは?政治ドキュメンタリー関係者が徹底討論!
2013年6月20日 17時00分  http://www.cinematoday.jp/page/N0053984

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 昨年9月18日、尖閣諸島・魚釣島に上陸したミュージシャンのTOKMAを追ったドキュメンタリー映画『尖閣ロック』の園田映人監督が19日、阿佐ヶ谷ロフトAで開催された特別討論イベントでその背景を語った。

 参院選を間近に控える中、同作をはじめ『選挙2』『ムネオイズム ~愛と狂騒の13日間~』『映画「立候補」』など政治を題材としたドキュメンタリー映画が続々と公開予定となっている。これらの作品が追うのは、鈴木宗男、マック赤坂などクセのある人物ばかり。中でも『尖閣ロック』が取り上げるTOKMAの尖閣諸島上陸は、世間を騒がせた。

 TOKMAの友人であるという園田監督は、TOKMAが「若い人たちに国を愛する気持ちを訴えたいんだよね」と語ったとき、「国を守りたいという思いを表現するなら、ピッタリなステージがある。今、尖閣諸島に行けばその気持ちを純粋な形で遂げられるよ」と伝えたと告白。この行動をけしかけたのは自身であったことを明かし「彼の偉いところは、その5日後くらいに(上陸の)話を決めてきたこと」と感心した様子を見せた。

 一方で刺激的な題材ゆえに公開に二の足を踏む劇場が多く、なかなか公開先が見つからなかったという本作。それに対して、この日出席していた作家の鈴木邦男は「(TOKMAは)幸福の科学でしょ。だったら行く前から新宿の映画館あたりで1か月やらせてよと言えばよかったのに。アニメなんかでもやっているじゃない。それくらい割り切ってやったらいい」と提案する一幕もあった。

 この日のイベントは、『ムネオイズム』の金子遊監督が「マイケル・ムーア監督の『華氏911』は、911同時多発テロの後、アメリカはやばいじゃないかということで反ブッシュのメッセージを押し出していた。今はあのときと似ていて、映画人も政治について発言しないとヤバいぞ、という状況になっている」と思い立ち、関係者にラブコール。一水会最高顧問でもある鈴木邦男、映画監督の井土紀州、元川崎市議会議員の山内和彦氏らも交え、徹底した討論が行われた。(取材・文:壬生智裕)

映画『尖閣ロック』『ムネオイズム ~愛と狂騒の13日間~』は6月22日よりオーディトリウム渋谷ほか全国順次公開


     TB(0) | CM(0)


映画「神秘の法」 世界各国でテレビ放映

2013/06/22 07:00  Category:映画・アニメの記事など

幸福の科学ニュース より 2013.06.21

映画「神秘の法」が世界各国でテレビ放映! 反響続々
2012年に日本で公開された映画「神秘の法」が、台湾、ネパール、ウガンダで、テレビ放映されました!
各国の視聴者からは「感動した」「もう一度観たい」など、多数の問い合わせやコメントが寄せられました。
また、6/28(金)にガーナの民放TV Africaにおいて「神秘の法」(英語吹替版)の放映が決定しているほか、6/22(土)には、海外初のテレビ放映となる映画「ファイナル・ジャッジメント」が、ネパールのカンティプールTVで放映される予定です。
今後も、世界各国でのテレビ放映によって、さらに多くの方に「神秘の法」のメッセージをお伝えしてまいります

続きはこちら >> http://info.happy-science.jp/2013/6233/

     TB(0) | CM(0)


映画 「尖閣ロック」近日公開

2013/06/02 07:00  Category:映画・アニメの記事など


尖閣ロック
フェイスブック http://www.facebook.com/senkakurock
ホームページ http://www.senkakurock.com/

尖閣ロック


     TB(0) | CM(0)


衝撃の近未来予言映画「ファイナル・ジャッジメント」がテレビ初放映

2013/05/04 09:16  Category:映画・アニメの記事など

幸福の科学 ニュース より
http://info.happy-science.jp/2013/7897/

ファィナル・ジャッジメント特設ページへ

衝撃の近未来予言映画「ファイナル・ジャッジメント」がテレビ初放映! 2013.05.03

2012年6月に全国で公開され、大反響を博した映画「ファイナル・ジャッジメント」が、この度、和歌山放送と岐阜放送のゴールデンタイムに、テレビ放映されることが決定しました。

「ファイナル・ジャッジメント」は、大川隆法総裁が製作総指揮をとられた第7作目の映画です。フィリピン、スリランカでも上映されたほか、国際通信社ロイターでは「新世代の宗教団体が、この映画で、日本が侵略される可能性があることを警告している」などと報道されました。

「アジアの軍事大国に占領された日本」を舞台に国防の危機を訴えた本作は、公開当初はとてもショッキングな印象を与えましたが、約1年後の今、日本を取り巻く環境が映画の描写に近づいていることもあり、「近未来予言映画」という性質がより一層際立ってきています。


テレビ2局のゴールデンタイムに、衝撃の近未来予言映画が登場!!
チャンネル:テレビ和歌山(放送エリア:和歌山県内を中心に大阪府南部や徳島県の一部など)
  放送日:2013年5月12日(日)19:54~21:48 
チャンネル:岐阜放送(放送エリア:岐阜県)
  放送日:2013年5月22日(水)21:00~22:56 


     TB(0) | CM(0)


ヒューストン国際映画祭で「神秘の法」がスペシャル・ジュリー・アワードを受賞 [HSニュース]

2013/04/24 07:00  Category:映画・アニメの記事など

幸福の科学 ニュース http://info.happy-science.jp/2013/7836/

ヒューストン国際映画祭で「神秘の法」がスペシャル・ジュリー・アワードを受賞!
2013.04.23

2013年4月12日~4月21日にアメリカ・テキサス州で開催されたワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭において、「神秘の法」がスペシャル・ジュリー・アワード(REMI SPECIAL JURY AWARD)(劇場用長編部門)を受賞しました。
これはグランプリにあたるグランド・レミー・アワードに次ぐ賞であり、日本の長編アニメーション映画として初の受賞となります。

同映画祭は1961年に創設され、サンフランシスコ国際映画祭、ニューヨーク映画祭に次ぐ北米第3の映画祭としてスタートした、伝統ある映画祭です。
過去にはスティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、リドリー・スコットなど、多数の大物監督を輩出していることでも知られています。本年度は世界中から4,000を超える作品応募があり、その中から長編51作品、短編107作品が選出され、映画祭で上映されました。

他の競合作品すべてが実写作品という中にあって、唯一のアニメーション作品であった「神秘の法」は、さらにノミネート作品の中から1作品が選ばれるグランプリの最終候補となりましたが、惜しくもグランプリは逃したものの、それに次ぐ栄誉であるスペシャル・ジュリー・アワード(劇場用長編部門)を受賞しました。

開催にあたり、地元メディア(culture map HOUSTON)は、「映画祭で見逃してはいけない5作品」と題した記事で「神秘の法」を一番目に紹介し、「この作品はかなり奇抜な作品で、非常に好奇心をそそられた」という映画評論家のコメントを掲載しました。

また、映画祭の最高責任者ハンター・トッド氏は、4月14日(日)の「神秘の法」上映前、次のようにコメントしました。
「地元メディアが今回の映画祭で見るべき映画トップ5に選びました。とても正当な評価だと思います。
この映画は本当に美しく仕上がっており、ユニークなメッセージ性のある映画なので、この映画祭で上映できることをとても光栄に思います」

ヒューストン映画祭

なお、同時期に開催されたパームビーチ国際映画祭(アメリカ・フロリダ州)でも、「神秘の法」がノミネートされました。
ここでも、ヒューストン同様、競合作品すべてが実写作品という中にあって、唯一アニメーション作品として、また唯一の日本作品としてノミネートされた「神秘の法」でしたが、受賞はなりませんでした。

「神秘の法」は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、韓国、台湾、香港などで公開され、ポルトガルで開催されたリスボンアニメ映画祭では、審査員がぜひ国民に観せたい作品として選ぶ「Best of the World」を受賞するなど、世界の注目を集めています。
今後は、5月9日よりブラジルのサンパウロとリオデジャネイロで劇場公開。5月下旬にはドイツのハンブルグ日本映画祭でも上映される予定です。

以下略(観客の感想)ほか写真あり


     TB(0) | CM(0)


映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」がハンブルグ日本映画祭で上映決定 [HSニュース]

2013/04/24 07:00  Category:映画・アニメの記事など

幸福の科学 ニュース  http://info.happy-science.jp/2013/7833/
映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」がハンブルグ日本映画祭で上映決定 2013.04.23

2013年5月22日~5月26日にドイツ・ハンブルグで開催される「ハンブルグ日本映画祭」(”Japan-Filmfest Hamburg”)において、大川隆法総裁製作総指揮の映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」の2作品が上映されることが決定しました。
今年で14回目を迎えるハンブルグ日本映画祭では、約80作品の日本映画が上映されます。
今年のハンブルク日本映画祭は“サムライ“がテーマで、「のぼうの城」が映画祭のオープニングで上映される予定です。

ハンブルグ日本映画祭のウェブサイトに映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」が掲載されています!
http://www.jffh.de/ja/


     TB(0) | CM(0)


映画「神秘の法」 2つの米国の国際映画祭に選ばれる

2013/03/06 19:00  Category:映画・アニメの記事など

幸福の科学出版 リバティweb より
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5704

映画「神秘の法」 2つの米国の国際映画祭に選ばれる
2013.03.05

唯物論・無神論の軍事独裁国家の世界支配に警鐘を鳴らす、アニメ映画「神秘の法」(製作総指揮・大川隆法、2012年幸福の科学出版作品)が、4月にアメリカで開催される2つの国際映画祭の上映作品に選ばれた。日本発のアニメ映画が発信するメッセージに世界の人々が注目している。

4月4日から11日にフロリダ州で開かれる「パームビーチ映画祭」は、毎年、ワールドプレミア上映として30本の映画が選ばれるほか、世界55カ国から応募された100を超える作品が集まり、新しい才能を見いだす、大規模なイベントとして世界中から注目を浴びる。期間中に、パーティーなどのイベントが多数開かれ、映画関係者から映画ファンまで幅広く楽しめる映画祭として知られる。

また、4月12日から21日にテキサス州で開かれる「ヒューストン映画祭」は、1968年から始まった北米の映画祭の中ではサンフランシスコ、ニューヨークに次いで3番目に古い伝統ある映画祭。毎年、世界の4000前後の作品の中から、数十本(短編をのぞく)の作品が選ばれ、上映される。今回、「神秘の法」はこの数十本の作品のうちの1つに選ばれた。

・・・以下略 続きはリンク先の本記事へどうぞ


     TB(0) | CM(0)



サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集