QHS



石垣市で「慰安婦」「南京大虐殺」記述の中学副読本の配布が中止に 幸福実現党議員が要求 [リバティweb]

2017/03/24 17:00  Category:リバティweb [幸福の科学出版]

20170323石垣市幸福実現党議員

2017.03.23
沖縄県石垣市の教育委員会が2017年度以降、中学生副読本『八重山の歴史と文化・自然』の刊行を見送ることが分かった。同書の「従軍慰安婦」「南京事件」に関する記述が、「見解が分かれる事案」と判断されたためとみられる。
事の発端は、同市の友寄永三議員(幸福実現党推薦)が2016年6月の市議会で、同書の「朝鮮から連行されてきた女性たちが慰安婦として人権無視の状態に置かれていた」「一般市民への無差別の虐殺や略奪を行いました」といった記述を問題視したこと。友寄氏は、「中山義隆市長と石垣教育長は同書の刊行の見直しを検討すべき」との考えを示していた。
続き >> http://the-liberty.com/article.php?item_id=12744



     TB(-) | CM(0)


信仰心を「洗脳」と言う無明 宗教の正邪が分からない「洗脳ライター」の罪 [リバティweb]

2017/03/21 22:00  Category:リバティweb [幸福の科学出版]

幸福の科学出版・リバティweb
2017.03.21

信仰心が分からないと、善悪が逆転して見える典型的な例だ。
フリーライターの藤倉善郎氏が「新潮45」2017年4月号に、「幸福の科学 その『洗脳力』の研究」と題する記事を書いた。
一般的に「洗脳」とは、人をだまして組織に連れ込み、情報を遮断して反社会的な内容を教え込み、自由意志を奪うことを指す。オウム教や統一教会等の邪教は、自主的に入信する人が極めて少ないため、問題のある勧誘をしてきた。
一方、教えと活動に自信がある幸福の科学では、信者は正々堂々と信仰告白し、行事への参加や入信を勧めている。修行スタイルも情報遮断とは程遠く、大川隆法総裁の著作に限らず、1000冊以上の教養書を読み、新聞等で日々のニュースに関心を持つことを薦められる。幸福の科学は、開かれた知の体系を持ち、現代的問題にも答えが出せる「教養宗教」だからだ。
続き >> http://the-liberty.com/article.php?item_id=12737

     TB(-) | CM(0)


【速報】幸福の科学学園 東大2人、京大1人、早大28人など難関校に多数合格 [リバティweb]

2017/03/16 19:00  Category:リバティweb [幸福の科学出版]

幸福の科学出版・リバティweb 2017.03.15

幸福の科学学園高等学校の那須本校と関西校は、今春も、合わせて東京大学2人、京都大学1人、早稲田大学28人など、難関大学に多くの合格者を出した。那須本校は東大2人、早大24人、慶大6人
同学園の那須本校によると、14日までに以下の難関国公立大学への合格者が出た。
東京大学2人、東京工業大学1人、東北大学2(1)人、九州大学1(1)人、筑波大学1人、東京学芸大学1人、宮崎大学1人、琉球大学1人(カッコ内の数字は浪人生、総数に含まれる)。
同校は2010年の設立以来、東大へは毎年2人以上の合格者を出し続けている。
続き >> http://the-liberty.com/article.php?item_id=12712

     TB(-) | CM(0)


「クローズアップ現代+」が富美加さん問題を特集 すれ違う「辞め方」論争 [リバティweb]

2017/03/16 18:00  Category:リバティweb [幸福の科学出版]

幸福の科学出版・リバティweb 2017.03.02

《本記事のポイント》
富美加さん問題の争点は「芸能人は労働者か」
芸能事務所はタレントへの「投資」を回収したい
そのまま仕事を続けて「電通の女子社員」になってもよかったのか

NHKが1日に放送した「クローズアップ現代+」で、「芸能人が事務所をやめるとき~"契約解除"トラブルの背景を追う~」と題する特集が組まれた。
女優の清水富美加さん(法名・千眼美子)は2月、宗教法人・幸福の科学に出家し、所属していた芸能事務所レプロに契約解除を通知した。一方、レプロ側は「急な契約解除には応じられない」と主張し、両者は平行線をたどっている。
両者の食い違いを生んでいるのは、「芸能人と芸能事務所の契約を、法律上どのように捉えるか」という点だ。番組は、双方の視点を比較検証する内容となっていた。
続き >> http://the-liberty.com/article.php?item_id=12670

     TB(-) | CM(0)


「芸能人の労働環境を糺す会」が発足 清水富美加さん契約問題にも注目 [幸福の科学・リバティweb]

2017/02/17 20:37  Category:リバティweb [幸福の科学出版]

2017.02.17
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12594

清水富美加さんの出家宣言により、所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントの経営体質の問題点が明るみに出た。

同事務所は、女優・能年玲奈さんとの契約内容にも問題があったと報じられている。能年さんは、2014年6月の契約終了に際して、プロダクションを辞めたいと伝えたが、プロダクション側から一方的に契約を2年延長されたとされる。さらに、報道によれば、契約を引き延ばしておきながら、その間能年さんに仕事を与えることもせず、仮に契約が終了したとしても「能年玲奈」という本名での活動を禁じられた。人権侵害とでも言うべきタレントの扱いに批判が集まった。

しかし、これらの事例は、芸能界の奴隷的な労働環境の一部分を表しているにすぎない。芸能界の労働環境の改善が求められている。
続き >> http://the-liberty.com/article.php?item_id=12594

     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴


外部リンク

    ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

    http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
    犬猫リンク集