QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

2010年10月~12月分記事リスト

2010/12/31 21:19  Category:やや日刊カルト新聞

『やや日刊カルト新聞』 幸福の科学関連記事

2010年10月13日水曜日  藤倉善郎
沖縄知事選めぐり大江議員と幸福実現党が対立
幸福の科学を母体とする宗教政党「幸福実現党」が、11月11日に告示される沖縄県知事選に独自候補を擁立すると発表しました。ところがこれに、同党唯一の国会議員である大江康弘参議院議員(国会対策委員長)が猛反発。今年5月に入党してから半年。早くも大江議員と同党との間に亀裂が生じています。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/10/blog-post_13.html


2010年10月31日日曜日  藤倉善郎
幸福の科学学園が大津市内の土地購入で正式契約、住民との対話に課題
幸福の科学の関連法人である学校法人「幸福の科学学園」が、滋賀県大津市に中学・高校を開校するための滋賀県大津市内の土地購入にあたって、売主のUR都市機構との間で正式に契約を結びました。ところが、地元住民にとってはまさに“寝耳に水”。地元では不安の声が挙がっています。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/10/blog-post_31.html


2010年11月3日水曜日  藤倉善郎
泡沫候補(?)2人が地元メディアに猛抗議=福岡市長選&沖縄県知事選
  10月31日に告示された福岡市長選挙(14日投開票)の立候補者の一人と、11月11日告示(28日投開票)の沖縄県知事選挙の立候補者の一人が、それぞれ、自分を公開討論会に呼ばなかったメディアに対して猛抗議しています。お2人は、互いにはたぶん関係ない者同士ですが、いずれも本紙にその名が登場したことがある方たちで……。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/2.html


2010年11月11日木曜日  藤倉善郎
幸福実現党イベントに多彩なゲスト、あの美人区議も
11月6日、幸福の科学・東京正心館(品川区)において、尖閣諸島問題ほか中国の問題を議論する幸福実現党によるシンポジウムが開催されました。講演者は、中国人評論家(現在は日本に帰化)、韓国人教授、日本ウイグル協会会長といった豪華な顔ぶれ。客席には「美人区議」など複数の無所属区議の姿があり、また自民党所属の区議からは不思議なメッセージが寄せられるなど、なんかいろいろ入り混じった感じでした。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/blog-post_11.html


2010年11月12日金曜日  藤倉善郎
大江議員が党の対立候補を支援「選挙後にけじめ」=沖縄県知事選
11月11日、沖縄県知事選が告示され、幸福実現党・金城竜郎氏が正式に立候補しました。これに対し、かねてより独自候補擁立に反対していた同党の大江康弘参議院議員が、対立候補である現職・仲井真弘多氏(自民党沖縄県連・公明党推薦)を支援。自ら「選挙後にけじめをつける必要を感じる」と語っています。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/blog-post_12.html


2010年11月26日金曜日  藤倉善郎
幸福の科学学園に地元から反発の声、12月に連絡会設立へ=大津市
  学校法人幸福の科学学園が2013年に関西校を開校するため土地を購入した滋賀県大津市内で、学園開校に反対する声が地元住民から挙がっています。また本紙の取材で、12月には、複数の地元自治会にまたがる連絡会「北大津まちづくりネットワーク」(仮称)が組織される見通しであることがわかりました。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/12.html


2010年11月27日土曜日  藤倉善郎
なぜかウソ連発の自治連合会長=大津市・幸福の科学学園問題
 本紙既報の通り、学校法人幸福の科学学園が2013年に関西校を開校するため滋賀県大津市内に土地を購入。情報伝達の不備から、住民の不信は学園だけではなく、土地を販売したUR都市機構や地元の自治連合会長にも向けられています。しかし調べてみると、いちばん不自然なのは学園やURよりも……
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/blog-post_27.html


2010年11月29日月曜日  藤倉善郎
最下位落選の幸福実現党「ベルリンの壁崩壊」と満足げ=沖縄県知事選
 11月28日に投開票が行われた沖縄県知事選で、現職の仲井真弘多氏が当選。「事実上の一騎打ち」を演じていた前宜野湾市長・伊波洋一氏との得票差は3万8626票でした。幸福実現党・金城竜郎氏は1万3116票。同党の大江康弘参議院議員は仲井真氏を支援しましたが、結果的に、幸福実現党の得票数は「一騎打ち」の勝敗を左右するほどではありませんでした。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/blog-post_29.html


2010年11月30日火曜日  藤倉善郎
霊界戦争キタ! 統一協会が幸福の科学「文鮮明霊言」に抗議
  11月18日、世界基督教統一神霊協会(統一協会、統一教会)が、幸福の科学の大川隆法総裁に対して抗議文を送付。22日に公式サイトに抗議文を掲載。文鮮明(統一協会の教祖)の守護霊へのインタビューが収録された大川総裁著『宗教決断の時代―目からウロコの宗教選び①』について、「謝罪と訂正、同書の回収を要求」しています。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/11/blog-post_30.html


2010年12月2日木曜日  藤倉善郎
幸福の科学、教祖の夫婦げんかも霊界戦争に発展か?【追記あり】
 先日、統一協会(統一教会)との“霊界戦争”が開戦した幸福の科学。今度は総裁・大川隆法氏が、きょう子夫人との間で霊界夫婦喧嘩を始めたとの情報が、ネット上に漏れ出ています。詳細な真相はいまだ不明ですが、2ちゃんねるの関連スレやアンチ掲示板では、この話題でもちきりです。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/12/blog-post.html


2010年12月7日火曜日  投稿者 某H
12月11日、世界的発明家 ドクター・中松教授によるクリエイティブ・セミナー開催!
蒲田駅西口で貰ったチラシです。
個人的には、映画「ドクター中松・グレート・グレート」を見てみたいです。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/12/blog-post_07.html


2010年12月8日水曜日  投稿者 藤倉善郎
幸福の科学「実在する宇宙人が、カードゲームになりました!」
 12月2日、幸福の科学出版から対戦型宇宙人トレーディングカードゲーム『ワールドゲイナー』(1500円)が発売されました。「実在する宇宙人」をキャラクター化したもので、ゲームを通じて「宇宙の神秘を学ぶことができます」だそうです。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/12/blog-post_08.html


2010年12月28日火曜日   藤倉善郎
幸福実現党・大江議員が離党「天上界の声、受け入れられず」
 12月28日、幸福実現党唯一の国会議員であった大江康弘参議院議員が、同党からの離党を正式に発表しました。本紙の取材に対して大江氏は、11月の沖縄県知事選告示の1週間前にすでに離党届を提出していたことを明らかにしました。
もっと読む » http://dailycult.blogspot.com/2010/12/blog-post_7399.html



     TB(0) | CM(0)


「幸福実現党」大江参院議員が離党 [産経・読売・わかやま] 2010/12/27・12/29

2010/12/28 00:44  Category:ニュース

幸福実現党を離党、大江参院議員
2010.12.27 20:04 msn産経ニュース

 大江康弘参院議員は27日、宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁)を支持母体とする政治団体「幸福実現党」を離党した。大江氏は党員唯一の国会議員。参院会派は無所属のままで変わらない。
 大江氏によると、11月の沖縄県知事選で党が独自候補を擁立したことに反発し「(再選を果たした)仲井真弘多知事を支援する自らの考えと合わない」と11月上旬に離党届を提出、12月27日になって党側が了承した、という。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101227/stt1012272004009-n1.htm


大江参院議員が「幸福実現党」離党
2010年12月27日22時28分 読売新聞

 大江康弘参院議員は27日、宗教法人「幸福の科学」を支持母体とする政治団体「幸福実現党」を離党した。
 幸福実現党では唯一の国会議員だった。今後の政治活動について大江氏は、「野党共闘に軸足を置きたいが、現段階では白紙だ」としている。大江氏は2008年に民主党を離党し、改革クラブを経て今年5月に幸福実現党に入党した。離党理由について、大江氏は11月の沖縄県知事選の対応を巡る意見の相違を挙げている。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101227-OYT1T01077.htm


追記
大江参院議院が幸福実現党離党
2010年12月29日 わかやま新報

 県選出の大江康弘参院議員(57)が28日、ことし5月に入党していた幸福実現党を離党した。同日の同党役員会で承認された。
 大江議員はこの日、自身のブログで離党に至った経緯を報告。党本部から入党前とは違う支持があったことなどを明かし、「党の理念や考え、行動と、私の31年の経験で身に付けたものとの差があまりにも大きかったのが離党の最大の理由」とした。
 入党時、「目指す方向が同じ」としていた党の政策については、「どこに出しても恥ずかしくない立派なもの」とし、「少し現実的な政治を取り入れる幅を持ってもらえたら、選挙でも必ず答えを出していける」などとつづっている。
 大江議員は同党唯一の国会議員だった。党は「大江議員が党とほぼ同じ考えを共有していることに今も変わりはないが、現実の選挙面における戦術面での相違があった」としている。
http://www.wakayamashimpo.co.jp/news/10/12/101229_9254.html

     TB(0) | CM(0)


関西中・高基本設計は清水/11年末まで着工目指す/幸福の科学学園 [建設通信新聞] 2010/12/27

2010/12/27 20:40  Category:ニュース

関西中・高基本設計は清水/11年末まで着工目指す/幸福の科学学園
2010年(平成22年)12月27日 建設通信新聞
http://www.kensetsunews.com/article.php?article_id=A10z2406609&date=2010-12-27&class=pickups

 幸福の科学学園(栃木県那須町、泉聡彦理事長)は、大津市に計画している(仮称)同学園関西中学校・高等学校(冨岡無空校長)の概要を明らかにした。規模は、校舎がRC造地下2階地上2階建て塔屋1層延べ1万2000㎡、学生寄宿舎がRC造地上4階建て塔屋1層延べ1万1000㎡。このほか、体育館兼講堂、食堂などで構成する。基本設計は清水建設が担当。
 2011年末までに着工し、12年12月までの完成を予定している。13年の開校を目指す。今後、滋賀県と協議を進め、学校設置認可の手続きを進めていく。実施設計と施工者は未定。
 西日本地域の生徒を対象とした全寮制を基本とするが一部、通学生も想定する。全校生徒数(男女共学)は510人で、中学は1学年70人(2クラス)、高校は1学年100人(3クラス)を予定している。
 宗教教育や企業家教育を通じ、学力のみならず、徳力を備えた、仕事のできる人材の育成を目指す。
 計画地は、大津市仰木の里東2-16-1ほかの約7万9000㎡。第二種住居地域で、建ぺい率60%、容積率200%。10月に都市再生機構と譲渡契約を締結した。
 同学園は、栃木県那須町で、同学園中学校・高等学校を運営しており、関西校は全国2校目となる。

     TB(0) | CM(0)


聖クリスマスと日本人の意味不明なクリスマス [共同通信から]

2010/12/25 11:12  Category:宗教系記事

ゆかりの地でクリスマスのミサ 生誕地やバチカン
2010/12/25 10:20 【共同通信】
(写真あり 24日夜、クリスマスイブで盛り上がるパレスチナ自治区ベツレヘムの聖誕教会前広場〉
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122501000117.html
 【ベツレヘム、バチカン共同】世界のキリスト教ゆかりの地で24日夜から25日にかけ、クリスマスのミサが行われた。キリスト生誕地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムや、カトリックの総本山バチカンには各地から信者が集まり、「特別な夜」は厳粛な空気に包まれた。
 ベツレヘムは治安状態が安定し、今年1年の来訪者は既に過去最多の145万人(同市当局)を記録。聖カテリナ教会の深夜ミサはカトリックのフアド・トゥアル・エルサレム総大司教が執り行い、イスラム教徒のアッバス自治政府議長も参列した。
 AP通信によると、総大司教はパレスチナ和平交渉の進展を呼び掛けた。
 バチカンのサンピエトロ大聖堂でも、ローマ法王ベネディクト16世(83)が恒例の深夜ミサを行った。



伊誌、日本のクリスマスを特集 「愛の祭」「教徒わずか」
2010/12/25 09:32 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122501000102.html
 【ローマ共同】カトリックの総本山、バチカンを抱えるイタリアの有力誌ベネルディは24日、日本のクリスマスについて「人口のわずかしかキリスト教徒がいないのに多くの人がプレゼントを交換しあうほか、男女の愛の祭りとなっている」との特集記事を掲載した。
 大半がカトリック教徒のイタリアでは24日深夜から25日未明にかけ教会でミサに参加、クリスマスは静かに家族で祝うのが通例。「非キリスト教国」日本の様子は奇妙に映っているようだ。
 記事は「クリスマスの東京 愛を祝う」との見出しで、イブに日本人は「家族や友人と外食に出かけ酒を好きなだけ飲む」「安価な人形からダイヤモンドをちりばめた宝石まで、プレゼントを贈り合う」と紹介。


     TB(0) | CM(0)



サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集