QHS



エルカンターレ祭、埼玉本会場へと全国に動員指令

2011/10/29 20:52  Category:ネット掲示板から

今年のエルカンターレ祭、「さいたまスーパーアリーナ」で開催されます。しかし入場予定者がそうとう少なかったみたいです。というのは、いつだったか時期は忘れましたが、関東圏では支部で衛星中継放送を見るのではなく、直接本会場へ行こうという動員がかかったような話があったみたいですから⇒よく分かりませんが。

ところがところが、それでもまだまだ足りず、今度は全国に募集を始めたようです。会員数が(あるいは熱心な会員が)かなり減っているようです。



2011エルカン祭



http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1319281149/865
★★『幸福の科学』統合スレッドpart573★★ 

865 :ルチア:2011/10/27(木) 22:56:33.63 ID:ZzALwxf1

●全国から本会場に集合せよ!!●

何と!何と!いよいよ当会の二大祭典の一つである『エル・カンターレ祭』の動員がままならず、「本会場に集結せよ」と号令が掛かった。本会場に参加する信者の割り当てが各支部にきた。
数支部合同の外会場での開催は全て、中止になった。衛星中継は支部に配信されるが一人一律五千円。 以前は感謝奉納だった。

先日、10/23の東京正心館での、法話は『対象者限定』つまり、本気で自己変革をする決意のある人という設定だった。法友曰く、「総裁先生は元気がなく、寂しそうだった」と…。なぜなら…………
前回の海外巡錫の時は、遠路はるばる旅費をかけて、わずか30分の説法に…ご奉納2ヶ月分の給料を差出して聞きに来る人がいたのに、国内の信者は法を求める真剣さがないと愚痴ったとか…。

今、当会は一生懸命ついてくる信者と、自分の都合に合わせて、法のつまみ食いをする信者と、ヤル気の無い信者に分かれると言及があった。信者にもの凄い差がついているとこぼされた。
今後はついて来る人だけ、ついて来なさい。法話『マインドセットを変えよ』の意味は心構えをリセットすること。この法話は一億円の価値がある。」という内容だったとか…。
自分の教えを本気で乞う人は拒まないが、精舎の法話は一律五万円になる。私達はつまみ食いをしてはいけないと言うことらしい。

更に、総裁のハネムーン旅行…あっ、間違えた…天上界ではそう呼んでいた(笑)支部巡錫は中止になった。そうでしょうね!僅か五百人の信者さんも大阪では集まらなかったのですから押して知るべし

…本日の支部長交流会で早めにエルカンターレ祭の本会場をせめて満席にしなくてはという、総合本部の一手を打たれたらしい(^.^)b総裁先生が自信喪失になられ反省行に入られますように…。(-人-)

…みなさまと主に愛をこめて…



http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1319803419/61
★★『幸福の科学』統合スレッドpart574★★
【会内メール】
61 名前:ルチア[] 投稿日:2011/10/29(土) 14:05:16.00 ID:D3gWz30y

…『エル・カンターレ祭』の件…
………信者の皆さまへ……………

12/6(火)『エル・カンターレ祭』は、当初、〇岡エリア企画として、外部会場「〇岡サンパレス」を衛星会場として、1500名の結集を 呼びかけておりました。しかし、急きょ、方針転換があり、下記のように変更になりました。

12/6(火)は、全国の信者の皆さまと共に「さいたまスーパーアリーナ」へ、結集することになりました。おめでとうございます!!
※変更になった背景の詳細は、昨日の「緊急支部集会」の報告が支部長のお話DVDにより、支部にてお早めにご覧下さい。
※取り急ぎ支部では、先着順にて予約お申込を受け付けます。

【御奉納目安】
<本会場>・特別席一律3万以上その他は信者1万、一般5千以上(小・中・高は2千以上)*特別席*「説法壇護持奉納」「エル・カンターレ生誕館建立植福」奉納者<それぞれ奉納目安に限定あり>詳しいことは、支部までお問い合わせください。


総裁先生の御説法も支部巡錫でお大盤振る舞いし過ぎて、有り難みが無くなったようです。最近のご法話は中身も薄く、天上界のご指導の入ったお話とも感じられません。
実際、ご法話の回数を重ねるほど、主自ら、それを証明なさっておられます。
…みなさまと主に愛をこめて…


     TB(0) | CM(0)


「幸福の科学大学」千葉県に2016年4月開校予定

2011/10/28 19:10  Category:ウェブサイト記事-仮-

- 長生村 政治Watching -
酒井ひろきの"長生村顛末記" より
http://nagaiki.seesaa.net/article/93800584.html

2008年04月18日
城ノ内開発地その後

 ちょっと報告が遅れましたが、4月8日に議員全員協議会が開催され、役場側から城ノ内開発地について説明を受けました。

 地元の方ならご存じの方が多いとは思いますが念のために書いておくと、日本ビラが保有してサッカー場として運営されていた土地は、昨年ごろプロパストというマンションの開発・販売会社に売り渡されました。
その後、プロパストからの説明では、今年3月頃からホテル・クア施設・分譲地などが順次建設され、この土地は村内の一大リゾート施設になるはずでした。

 ところが4月8日の説明では、この土地すべてが宗教法人・幸福の科学に転売されたと言うことです。
これは寝耳に水の事件といっても良いでしょう。地元事業者ではプロパストが開発する敷地内の植栽などに関して見積もりを提出したりと、すでに活動を始めていたところでしたが、これがすべて水の泡となったようです。

 幸福の科学側では、ここに大学(将来的には大学院も)を建設したいとのこと。
確かにこの宗教団体は、栃木県黒磯市近くで中・高一環の教育施設を建設中で、その卒業生の受け入れ先として我が村の土地に白羽の矢を立てたようです。
ただし現在の所、計画のすべては白紙の状態と言うことです。

 ここで、私としては3つの事柄(悪いことも良いことも含んで)を問題提起しておきたいと思います。

1:本当に大学はできるのか?
 既に村内にある幸福の科学施設が建設されるときにも地元自治会との間で一悶着ありました。
今のところ法人側からは説明がないのでなんとも言いようがないのですが、同じ轍を踏むようなことがあってはなりませんし、今回のプロパスト>>宗教法人への転売のような事があると、住民感情としては「はたして本当に大学がくるのか?またもや宗教施設が建設され、村の一等地を1宗教法人が占拠して、挙げ句に固定資産税も入ってこないという踏んだり蹴ったりの結末になりはしないか?」という疑問が出てくるのは仕方のないことだと思います。

2:もし本当に大学ができるなら、ある意味チャンスかも知れない
 最低条件として「誰でも入れる大学」(信徒だけのためではないという意味です)が建設されるということがクリアされるなら、これは村にとってチャンスなのかも知れません。

 学校法人も固定資産税が免除されるため法人からの税収は期待できませんが、信徒以外の学生も入学するとなれば、村内にはアパートも必要になるでしょうし、学生たちの胃袋を満たすための商売が成り立つはずであり、これらの新規事業から入る税収は、村を潤すことになるはずです。

 また、村内に若い世代が常にいると言うことは村自体の雰囲気を活性化し、また、大学と連携した文化事業等も必然的に興ってくるでしょう。
 そういった意味から言えば、村の活性化の一助になる可能性はあります。

 3つめを書く前に、この開発地がどのようにして生まれたかを簡単に説明しておきます。
かなり昔のこと、五洋建設というところがこの土地にお年寄りのための施設やそれに付随した様々な施設を建設したいということで、地権者の方たちと話し合いをしたそうです。
その際には村職員が業者と同行していたということですが、地権者の方たちは「村の税収になるのなら・・・」と納得してくださり、自分の土地(農地)の売却に応じてくれたそうです。
確かに現在は土地種目が変更され宅地となっていますが、この土地はそういう村を思う住民の方たちの心の象徴なわけです。


3:他人事では済まされない
 上記のような住民の村を思う気持ちと、説得に際して職員も同行したという経緯を踏んで売却された土地ですから、当然、村にはこの土地の行く末に対して責任があると思います。
この点についてある議員からの質問に対して、村長は「今は民間の土地なんだから仕方ないでしょう」と、まるで他人事のような口ぶり。
日本ビラからプロパストに転売されてからの無為無策は棚に上げて、この言い方はないでしょう。自分が村の執行責任者であるという自覚が無さ過ぎです。(以下略)

【※コメント欄より
村の一等地であり、唯一の財産といっても良い場所が、こういうカタチで売買されるというのは、村を思って売却に応じてくれた旧地権者の方々の思いを踏みにじる行為だと思いますし、それを無為無策によって易々と許した人物がいることが問題です。】



議会全員協議会 質問事項及び回答対照表 (PDF)
>> http://nagaiki.up.seesaa.net/image/kaitou.pdf



▲最初の大学開校予定は2013年でしたが、計画を変更して、まず「幸福の科学学園・関西校」(中高一貫)を開校することになりました。これで那須校と合わせて2校の卒業生がほぼ進学するとしたら、大学には最低でも年間200人ほどは入学見込みができました。教団としては、東大などへの一流大学進学者を多数輩出したいと考えているようですが、公立高校などからの入学希望者もありますし(しかし建設資金はどうなるか?)。

上記の酒井氏は、良い面があるとするならばということで、こう書いておられます。
「信徒以外の学生も入学するとなれば、村内にはアパートも必要になるでしょうし、学生たちの胃袋を満たすための商売が成り立つはずであり、これらの新規事業から入る税収は、村を潤すことになるはずです。」
しかし、「幸福の科学」が母体である大学に、信者以外の一般入学者があるとは思えません。また、中高一貫校の例で分かるように、寮も学校側で併設して家賃・食費などの収入源とされています。大学もおそらく同じでしょう。村を潤すほどの税収はあまりないと思うのですが。





千葉正心館 http://www.chiba-irh.jp//index.html 
幸福の科学 千葉正心館2


千葉正心館所在地(隣接する海岸沿いの一等地が大学建設予定地)

大きな地図で見る

     TB(0) | CM(0)


明日10/28 「学園関西校起工式」並びに「学園関西校建立感謝の集い」開催

2011/10/27 21:30  Category:ネット掲示板から

★★『幸福の科学』統合スレッドpart573★★ より  
【会内メール】
818 名前:ルチア[] 投稿日:2011/10/27(木) 19:55:09.03 ID:ZzALwxf1

●緊急『エル・カンターレ祭』 ●今年のエルカンターレ祭について、方針転換がありました~!! 明日の下記の行事のあとに発表があります♪おたのしみに♪●

………………………………………
明日10/28★幸福の科学学園関西校建立感謝の集い(衛星配信)★
………………………………………
信者のみなさまの多大なるご支援により、「学園関西校起工式」並びに「学園関西校建立感謝の集い」(本会場:琵琶湖正心館)を執り行う運びとなりました。

「起工式」は、「これまで、主、そして私たちの念いのうちにあった理想教育への願いが、様々な困難を跳ね返して、いよいよ地上に具現化する日」まさに「関西校設立の大きな節目となる記念すべき日」となります。

支援の祈りや植福を通して、多大な貢献を頂いた信者の皆さまとともに、喜びを共有し、主への純粋な信仰心と感謝、そして光り輝く未来創造の願いを捧げさせて頂きましょう。

【衛星配信日時】10月28日(金) 13:30~14:15
【開催場所】本会場:琵琶湖正心館衛星会場:全国の精舎・支部

【プログラム】
○13:30 開会の鐘
○13:31 『主への祈り』唱和・感謝の奏上
○13:38 学園からの挨拶・関西校模型の発表
○13:53 起工式列席者の感動発表
○14:00 エル・カンターレ信仰伝道局からの挨拶DVD「関西校建立感謝2011」
○14:10 「幸福の科学学園関西校設立祈念・植福修行祈願」唱和
以上


…みなさまと主に愛をこめて…

     TB(0) | CM(0)


白装束団体パナウェーブ自然消滅か 千乃会長の死から5年 [福井新聞]

2011/10/26 21:20  Category:宗教系記事

福井新聞(2011年10月26日午後0時54分)
白装束団体パナウェーブ自然消滅か 千乃会長の死から5年

 2003年、「パナウェーブ研究所」を名乗る白装束集団が福井県福井市五太子町に居付き、大騒ぎとなった。上部団体とされる「千乃正法会」の千乃裕子会長=当時(72)=が亡くなって25日で5年。拠点施設やそこに住む人々の服装は白一色ではなくなり、同研究所は自然消滅の道をたどったようだ。
(久慈かおり)

 同研究所は、人体に悪影響を及ぼす電磁波の調査研究を目的に成立したとされる。五太子町に拠点施設ができた時期は定かでないが、03年にメンバーが大挙して本県入りし、大騒ぎになった。
 それ以降、変死事件や不正車検事件、森林の無断伐採などを相次いで引き起こしたものの、06年に千乃会長が亡くなって以降話題に上がることもなくなっていた。
 施設を訪ねると、当時白い布で覆われていた施設は一変していた。やや高いフェンスで囲まれている以外は普通の民家のよう。「エルアール出版」の看板が唯一当時の雰囲気を残す。同出版は千乃正法会の上部団体という。
 中にいた男性に話を聞くと「もう(パナウェーブ)研究所はない」という返答。電話をかけると、別の男性が「研究所はもともと千乃正法会の一部。今は研究所はなくなり、千乃正法会として活動している」と説明してくれたが、排他的な雰囲気がうかがえた。
 近くに住む女性は「最近は犬を散歩させる姿を見るくらい。以前は必ずあいさつしてくれたけど、今では話すことも少ない」と語る。
 03年の騒動時に自治会副会長を務めていた谷口幸雄さん(80)は「5年ほど前は暴走族に花火を撃ち込まれるなどの騒ぎもあったが、最近はすっかりおとなしい。いるのかいないのか分からないくらい」と話す。
 施設には現在も10人前後が住んでいるとみられる。動物が好きらしく、川に落ちたイノシシを助けたり、カラスの餌付けをしていた。苦情を申し入れると改善されるため、目くじらを立てることもないという。
 1、2年前までは施設内を見せてもらってもいたが、最近は「何も分からん」と言う谷口さん。「もうお互い年だから、このまま静かに時間がたっていけばいい」と話していた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/31202.html
(写真)「エルアール出版」の看板がかけられた施設。覆っていた白い布はなく、普通の民家のようだった=福井県福井市五太子町

ウィキペディア:パナウェーブ研究所


     TB(0) | CM(0)


東京正心館・礼拝堂 fanfanfuzzy1219さん、Mani(A)c Tripさん

2011/10/26 20:47  Category:画像: 教団・幸福実現党

東京正心館
fanfanfuzzy1219さんの写真
http://f.hatena.ne.jp/fanfanfuzzy1219/20061218152224

20061218152224.jpg


Mani(A)c Tripさんの写真と旅メモ
http://blog.livedoor.jp/quack_r/archives/50386443.html

2832e6c3.jpg

館内の礼拝堂



ブログ記事より

これが礼拝堂。
真ん中の円いやつは、『東京が伝道の中心であることを示す大法輪』なんだそうな。

教祖である大川隆法氏。
売店(と言ってはいけないんだろうな、授与所?)には彼の著作がたくさん並べられていた。
怪しいCD(瞑想音楽などか?)も売られていてちょっと惹かれたけど、やっぱりここにお布施する気にはならず、買わなかった。
ちなみにここで売られている書籍などの値段は「3000円目安」などと表示されている。
代金ではなくてお布施であって、一律に額を決めるものではない、という意味で「目安」なのだろう。


○他にもありますので、こちらへどうぞ。
カテゴリ:新&珍宗教スポット 
>> http://blog.livedoor.jp/quack_r/archives/cat_10018092.html

     TB(0) | CM(0)



サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴


外部リンク

    ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

    http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
    犬猫リンク集