QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

幸福の科学公開セミナー 「30年後ブラジルは世界中心国に」

2014/05/31 07:00  Category:メディア

サンパウロ新聞 (ブラジル)
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/17705/cat/105

 幸福の科学公開セミナー 「30年後ブラジルは世界中心国に」
14/05/30 (11:32)  
 宗教法人・幸福の科学は24日、サンパウロ教会にあたる正心館で公開セミナー「30年後、世界はブラジルを仰ぎ見る」を開催した。講師には、飯星ワルテル連邦下院議員、小林ビクトル・パウロコバヤシ研究所代表、藤井幹久幸福の科学国際本部政治局長の3人を迎えた。

 セミナーは、(1)政治の倫理化(2)安い税金と小さな政府(3)教育改革、というブラジルが直面している政治問題3点について藤井局長が幸福の科学が提唱する思想を解説。飯星下議と小林代表が政治の現実を解説する形式で質疑応答を含めて進められた。

 藤井局長は前述の3点について、ブラジル在住者は現在のブラジル政治に対して決して悲観することなく30年後には必ずこれらが達成され、ブラジルが米国を上回る国力を持ち世界をリードしていると信じることが前提だと述べた。飯星、小林両氏がこれらの可能性について、鉄鉱石、大豆等農産物、航空機産業など強い輸出産品を有するブラジルの未来は明るいと語った。

 教育改革については日本政府が行った「ゆとり教育」の失政を例に、対象とする平均レベルを下げると上のレベルまでも下げてしまう実例を示し、これは経済におけるマルクス主義が裕福層を否定して全体の中流層を目指した結果、国民のほとんどが貧困層になってしまった共産主義各国の現実と通じると指摘。今後、ブラジルの政治倫理が進められる上で肝に銘じなければならないのは、日本が消費税を8%に上昇させたように増税が不景気を招き国民を貧困にしてしまうことが、ブラジルも別の形で増税が進んでおり危険な兆候だとした。

 税金が高くなる原因は民主主義にもあるが、国民が国家に行政サービスのみを求めるのではなく、国民が国家に対して何ができるかの自助努力することが大切だと主張した藤井局長。現実の政治腐敗に悲観するだけでなく、未来の明るいブラジル政治を信じ、2050年以降には幸福の科学の思想に影響されたブラジル人の中からブラジルの大統領が出てくるものと予測してセミナーを締めくくった。

2014年5月30日付


     TB(-) | CM(-)

内部文書入手!幸福の科学の最強秘技の全貌が判明

2014/05/30 18:00  Category:メディア

2014年5月30日金曜日  投稿者 藤倉善郎 

内部文書入手!幸福の科学の最強秘技の全貌が判明

幸福の科学と言えば、有名人などの守護霊を降臨させたと称して無断で書籍化して販売する「霊言宗教」のイメージが強いかもしれません。しかし一方で、教団内には個々の信者が実践できる強力な呪術があり、元信者によると、信者たちは日常的にこれを行っているといいます。本紙は、その呪術が教団に導入された際の最初期のマニュアルを入手しました。幸福の科学が、信者一人ひとりの強力な呪術に支えられた集団であることを示す、貴重な資料です。



     TB(-) | CM(-)

幸福の科学赤っ恥!! "河野談話撤回を"と別人宅に抗議デモ

2014/05/28 20:18  Category:メディア

2014年5月27日火曜日 藤倉善郎
 
幸福の科学赤っ恥!! "河野談話撤回を"と別人宅に抗議デモ
5月17日、幸福実現党が「河野洋平氏に公式謝罪を求める国民デモ」を開催。「河野談話」の撤回を要求して平塚市内を行進しました。ところが、なぜか河野洋平氏ではなく、息子で衆議院議員の河野太郎氏の自宅のポストに声明文を投函。と思いきや、その家が実は河野太郎氏宅ですらなかったことがわかり、ネット上で嘲笑を浴びています。



     TB(-) | CM(-)

幸福の科学に供養料など返還命令 東京地裁「解約可能」

2014/05/28 20:14  Category:メディア

東北新聞社 2014.5.28
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/shakai/20140527/2014052701002082.html

幸福の科学に供養料など返還命令 東京地裁「解約可能」
 宗教法人「幸福の科学」を退会した女性4人が、「永代供養料」や「納骨壇申込金」の返還を求めた訴訟の判決で東京地裁は27日、「法律上解約が可能だ」と認め、同法人に約2300万円の支払いを命じた。
 判決によると、4人は幸福の科学に入会後、納骨壇の使用料として350万~700万円を支払い、うち2人は永代供養を依頼してそれぞれ200万円を納めた。2012年、信仰心を失ったことを理由に退会した。
 法人側は「受け取ったお金はお布施で、通常の委任契約と違って解約は認められない」と主張したが、宮坂昌利裁判長は「支払ったお金は、永代供養の委託や納骨壇の利用への対価であり、委任契約の性質を持っている」と指摘。民法の規定に基づき、解約は可能との判断を示した。
 幸福の科学は「信仰の内容に介入し、信教の自由を侵害した判決だ。即刻控訴する」とコメントした。

     TB(-) | CM(-)

小保方晴子さん会見に潜んでいた2つの謎──「船場吉兆」「幸福の科学」との関係とは [日刊サイゾー]

2014/05/21 20:04  Category:メディア

日刊サイゾー2014年05月21日16時00分
一部抜粋  記事全文 >> http://news.livedoor.com/article/detail/8854569/

・・・・・ その後、小保方さんは求めていた再調査が不要と判断されてしまったが、理研関係者によると「ある宗教団体から、再調査をしないと不幸になるという、しつこい要請があって困った」という。具体名は教えてもらえなかったが、宗教団体といえば、捏造騒動が持ち上がってから一貫して小保方さんを擁護しているのが幸福の科学だ。発行誌「ザ・リバティ」では同団体の大川隆法総裁がなんと小保方さんの守護霊を呼んだインタビュー記事を掲載。小保方さんの守護霊が「何をそんなに騒ぐのか分からない」「記録はすべて頭の中に入っている」「3年ぐらい、環境を確保させてください」などと語ったとしている。
 あまりに信ぴょう性に欠ける記事ではあるが、記事が会見前に書かれたものであるにもかかわらず、その内容は奇しくも後日小保方さん本人が行った会見の主張と重なる部分が多く、両者の関係を疑う者がいるのも事実だ。

 幸福の科学の関係者にこの件について直撃すると「内容は明かせないが、小保方さんの弁護士の守護霊とも話をしている」とし、会見で小保方さんと弁護士が距離を置いた理由は「小保方さんは100%正しいから、会見中のアドバイスなど必要としなかった」と答えていた。 (文=ハイセーヤスダ)

2015/06/14 修整

     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集