QHS



ナゾの候補者が話題…下村文科相に巨大宗教団体が“刺客”?[日刊ゲンダイ]

2014/11/30 07:00  Category:メディア

日刊ゲンダイ 2014年11月29日

 衆院選公示日を目前に控え、突如“ナゾの候補者”が舞い降り、話題を呼んでいる。

 28日、東京11区から無所属で立候補を表明した長野県出身の病院職員、下村芽生氏(27)だ。東京11区は、下村博文文科相(60)のお膝元。選挙区には2人の「下村」が立つことになった。

 下村芽生氏の立候補が話題になっているのは、巨大宗教団体が下村大臣への“刺客”として送ったのではないか、とみられているからだ。ネット上でも大騒ぎになっている。下村大臣の得票に大きな影響を与えかねないのだ。

 選挙当日、有権者が投票用紙に「下村」とだけ記した場合、すべて“無効”になる可能性があるのである。

 総務省選挙課担当者はこう言う。

「『下村』とだけ書かれた投票用紙を“無効票”にするか、いずれかの候補者の1票としてカウントするかなどは、開票管理者の裁量で判断を下します。1票を得票率に応じて案分するケースもあるようです」 要するに「下村票」は、最悪、すべて無効にされてしまうのだ。

 早くもネット上では「同姓同名だったらどうなんの?」という声も上がっている。実際、巨大宗教団体だけに、同姓同名の「下村博文」を連れてくることも可能なのではないか。

 ちなみに、下村芽生氏は自身の公式ブログ「かくめい日記」で「福祉革命、“新しい下村”」とアピールしている。
 


     TB(-) | CM(-)

完成間近の幸福の科学大学(仮称)も見学致しました。

2014/11/30 00:00  Category:新宗教「幸福の科学」ウォッチ

幸福実現党 党首 釈量子

 昨日は、千葉県内の表敬訪問と共に、完成間近の幸福の科学大学(仮称)も見学致しました。
 写真は、講堂前と、ピラミッド型礼拝堂前にて。

DSC_0154-1.jpg DSC_0151-1.jpg

 建築業者さんから、「延べ10万人、合計80万時間の、血と汗と涙が詰まっている」。絶対に完成させなくてはならないんだ。」と、男気溢れる、熱いお言葉を頂き、心から感動致しました。

 既存の大学を超えて、この日本を背負うリーダー、「新人類」を輩出するための「新時代」の大学が今、この千葉県長生村の地に開かれようとしています。
続き  >> http://shaku-ryoko.net/etc/4855/


     TB(-) | CM(-)

無所属新人「新しい下村」掲げ、下村文科相の東京11区から出馬 [スポニチ]

2014/11/29 18:00  Category:メディア

スポニチ [ 2014年11月29日 05:30 ] 12・14衆院選「政怪ウォッチ」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/29/kiji/K20141129009368700.html

 衆院選東京11区に出馬予定の無所属新人、下村めい氏(27)が28日、東京都板橋区内で決起大会を行った。

 千葉県医療技術大学校(現千葉県立保健医療大)卒業後、作業療法士として病院に勤務しリハビリを担当。また、中学時代にいじめを経験したことから「日本の教育、福祉、減税に革命を」と出馬を決意したという。

 キャッチフレーズは「子供とシニアを支えるジャンヌ・ダルク」。同区は自民党の下村博文文科相(60)の選挙区でもあるが「新しい下村」を掲げてアピールした。



     TB(-) | CM(-)

ニュースサイト「政界往来」が幸福実現党を応援 誠実な政治に期待[リバティweb]

2014/11/29 18:00  Category:リバティweb [幸福の科学出版]

リバティweb  2014.11.28

衆院選を前にして、各党の政策提言などが、ネットニュースに頻繁に登場している。その中で、国内外の政治・社会に関する情報を長年発信してきた「政界往来」が、「政界往来は幸福実現党を応援」と題して、幸福実現党の青年局長トクマ氏の街頭演説を紹介する記事を掲載した。

 同記事は冒頭で、今回の選挙を「勝てるとき解散」と呼び、政権与党がその延命を図るために民意を無視して強行したものと批判。なぜ同サイトが幸福実現党を応援するのかという点については、与野党に「人・金の問題」が溢れる中で、幸福実現党だけが金の垢にまみれていないからだとし、「真の幸福実現に期待を込めて、政界往来はこの幸福実現党という政党を応援することに決めた」としている。


続き >>  http://the-liberty.com/article.php?item_id=8826



     TB(-) | CM(-)

東京11区で“下村めい”が出馬表明 [リアルライブ]

2014/11/29 18:00  Category:メディア

東京11区で“下村めい”が出馬表明
2014年11月29日 13時20分 [幸福実現党PR特集]
 http://web.archive.org/web/20141129052043/http://npn.co.jp/hrp/detail/2444455/

 東京11区に激震! 下村博文文部科学大臣の地盤である東京11区に何と同姓の「下村」が出馬を表明。28日、東京・板橋で緊急決起大会が行なわれた。

 まさに「下村VS下村」の図式となったのだが、安倍内閣の懐刀に挑むのは新人。しかも27歳の女性である。さながら“女子挺身隊”とでも言うべき勇ましい女性の名は下村めいさん。“女子挺身隊”は集団だが彼女は個。一人で同姓の“巨人”に喧嘩を売ったのだ。

 一見おっとりしている下村さんだが内に秘めたる気持ちは強い。約6年勤務した総合病院を退職してまで下村文科大臣と一戦を交えようと決意したのは次の通りだ。

 「日本の教育を変えたい。今年のいじめの発生件数は過去最多です。私自身も中学時代、いじめを経験しています。現職の文化大臣が教育を形成している東京11区で戦わなければ意味が無いと思いました」

 彼女の出身は長野。前職は作業療法士として総合病院に勤務していた。それが「全てを投げ捨てて」衆議院選に出馬表明だ。

 一体、何が彼女をそこまで駆り立てたのか--。

 「教育と福祉と減税で日本を変えたい。これに尽きます。医療現場にいてこれを実感したのです。がです。福祉の現場にいると感じるのですが、自分たちで自分の健康を守っていけるような支援を行ないたい。そうでないといけない」

 彼女の公約である「3本の矢」。教育、医療、減税…一見、よくある話だが彼女の場合、病院勤務で不特定多数の声を耳にしているだけに説得力がある。

 「教育は私の実体験。福祉の整備は整っていますが突発的に病気・事故対応が不十分。消費税は5%に戻して消費を活性化させる。そうしないと景気や消費は回復しない。以上3点は患者さんの意見や私自身の経験に基づいて思った事です」

 キャッチコピーは《新しい下村。クリーンな下村。しがらみのない下村。下村めい“めい一杯”頑張ります》。“めい一杯”有権者のハートを掴める事が出来るか--。

 東京11区がにわかに騒がしくなってきた。

▼関連記事

△うふふ・・・ですね。

     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴


外部リンク

    ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

    http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
    犬猫リンク集