QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

閉塞感、停滞感の悩み  2012年4月27日

2012/04/27 12:00  Category:×険妄想ブログより

http://www.kokoroken.or.jp/blog/oj3q6y

閉塞感、停滞感の悩み
これはある宗教団体の、教祖をはじめとするご家族や、職員の皆様を対象としたカウンセリング記録です。公共に貢献するという、宗教団体の公益法人としての本来の目的と特性をご理解いただいた上で、カウンセリング内容を一部公開することを了承いただいております。公開を通し、多くの人のお役に立ちたいという皆様の勇気に、心より敬意を表します。【…という設定だか提訴された】


「教団の発展のペースがすごく落ちている・・・」

IMG_2434.JPG


この方は上背のある静かな感じでカウンセリングルームに入ってこられました。教団内でも将来を嘱望されていた方のお一人です。


カウンセラー 「よくおいでくださいました。今日ご相談されたいことはどのような内容でしょうか。」


Iさん 「教団がこれから大きく発展して世界的な宗教になっていくということなんですけど、ペースがすごく落ちてるんですよね。停滞感というか、今一番辛抱しなきゃいけない時なのかなという感じです。今までのやり方、限界に来ているのかな。」


カウンセラー 「限界に来ている・・・」


Iさん 「うん。色んなところで無理があるんですよね。伝道にしても、なんか頭打ちみたいな感じになっているし、献本と言ったてやっている信者さんもだいたいやりまくり終わっちゃってますもんね。書籍が出るたびに献本しても、それで効果出ているようには見えないし。信者さんが、買った本を駅前で配ったりしていますからね。読んでくれるのかな。期待できないな。」


カウンセラー 「伝道や献本が行き詰っているのですか。」


Iさん 「うん。あとお金ね。お布施。これもね、決まった信者さんばっかりなんですよ。決まった信者さんばっかりが支部ではお布施するんですけどね。この間も特別なお布施の月間と言うことで、やったんですよ。一ヶ月限定で結構お布施は集まったんですけどね、盛大に騒いでやって、これで教団も少し持つとは思いますけど、その後、特別イベントするって言って、信者さんたち大変ですよ。信者さんたちのこと考えると、これ大変だなというほうが先ですね。そうすると、このやり方がいつまで続けられるのかなという感じですね。教祖の講演会も信者さんを集めるのに苦労してますけど、前からその傾向あるけど、最近、人集めるのが特に大変なんですよね。信者さんたち嫌気さしてるのかな。大変すぎるから、ついてこれなくなっているんですよ。いつも参加していたような人がついてこれなくなったり、やめる人もボツボツ出ているみたいだし。信者をやめちゃうのは、私の気持ちから考えると、信仰やめてしまうのはすごいなという感じです。・・何かあったのかな、すごいな、何かあったんでしょうかね。それ、よく決意できるものですね。何かあったのかな。信仰って簡単にやめれるもんじゃないんですよ。やめてこれから何を信じるんだろう。他にいい教団があるわけじゃないのに、やめてどうするんですかね。」


カウンセラー 「お布施する人が限られていたり、講演会の人集めに苦労したり、そしてやめる人がボツボツ出てきているとことが心配なんですね。」


Iさん 「国内は閉塞感ありますよね。海外でこの教えを広めるといっても、海外はお金がかかりますからね。広めるのだって、あんまり日本みたいに毎月会費を払ってくれないんですよ。海外となると教団としては、持ち出しの方が多いんじゃないですかね。でも、教祖が世界的な宗教にするとおっしゃって広めようとしてるんで、頑張んなきゃいけないんですが。国内の方が停滞気味で、アジアの方のあちこちの国でたくさん講演会に来てくれたと言っていますけど、実質的な信者になっていく人が、どのぐらいいるのかとか、その人たちが支部を維持できるだけの力持っているのかというと、あんまりはっきりしないですよね。一応、景気いい感じでは、皆さんにお伝えしているみたいだけど、その実態となると、安心できる状態じゃないですよ。」


カウンセラー 「海外は拡がっているように見えますけど、実態は厳しいものがあると感じておられるのですね。」


Iさん 「政治のほうもそうですよ。これも当分変わらないですよね。いくら神様からの警告を書籍で出しても、それに対して目覚めるという国民、あの本が出てからそういう反応聞かないですもんね。○○神がおっしゃっているのだから、立ち上がらなくっちゃと言う人がたくさん出てもいいと思うんだけど、あんまりブームになっていかないんですよね。書籍の売り上げ自体はいいかもしれませんが、信者さんが買ってくれているからであって、一般人が広く読んでくれているのと違うんですよね。信者さん、お金使って疲れているんですよ。イベント関係のチケットもたくさん買ってくれてるけど、タダで上げてるんでしょう。それでも見に来てくれるならいいですけど、チケットタダで上げても見に来てくれない。無駄ですよね。信者さんが可愛そうですよ。いくらお金あっても足りないですよ。お布施の特別月間終わったと思ったら、イベントのチケットでしょ。これはきりがないんですよね。信者さんにとっては。そういう意味でやり方変えなきゃダメですよね。一応職員の中にはどっちかっていうと、私は良識派みたいな感じでいますけど、私も発言力があんまり強いほうじゃないので、なんとなくと暗欝とした感じですね。閉塞感というか、停滞感の中にあるという感じで、元気でないです。なんか教祖からもっと尊いご法話でも出てくるといいんですけどね、今は目先の対処法みたいなの多いから、自転車操業みたいになってね、ドンと大救世主の教えが出てきてほしいなって思いますね。やっぱり尊さが伴わないと宗教ってだめになっちゃうんじゃないかと思うんですよね。政治や国際問題にミートすることを言い続けてますけど、宗教団体が言っても社会に対して影響力がないみたいなんで、やはり基本の宗教的な教えで高度なものが出てくるのが一番いいような気がするんですけど、それ期待しています。あまり発言力がなくて、言えないですけど、そういう思いがあります。・・・こうして言ってみると、カウンセリングって自分の心が少し整理される気がします。さっきよりは気持ちとしては楽になった感じで、自分の仕事をやってゆきたいと思います。」


カウンセラー 「伺っておりますと、ある意味で運営についての教祖のお考えが行き詰っているようにも思えるのですが、教祖の考えに疑問を持つということはないのですか。」


Iさん 「ないですね。教祖のお考えは、疑問の余地のないような最高の神のお考えですから、それに対して疑問をはさむということはないです。教祖には深いお考えが間違いなくあるはずですから、それに対しては言われたことに素直に従ってやっていくことが一番大切です。」


カウンセラー 「信者さんは幸せなのですか。」


Iさん 「教祖の考えに従って活動できるということは幸せだと思います。大変なんですけど、お役に立てる幸福感というのがあると思うんですよ。」


カウンセラー 「あなたもそういうお考えなのですね。」


Iさん 「はい。だって信者の皆さんは、教祖がおっしゃったことに一生懸命に取り組んでいくと、色んな苦労はあるけれども、それをきちんとやっていくということで、死んだあと天上界に還れるんですから。それは幸せですよ。それで信者さんたちも自分の疑問とかを挟まずに、素直にやっていくことが魂の向上にもつながるし、幸せだと思いますけど、みなさん、そう思ってやっているので、良いことだと思います。そこで動きが鈍くなっているということは、さっき言った停滞感は否めないということですね。みんなを励ましたいと思いますけど。」


カウンセラー 「先ほど尊さを感じにくいというお話もありましたが。」


Iさん 「尊さはあるんですけど、大切な法はもう説き切ったとおっしゃっているので、大切な法の部分、新しく出してくる大切な法はあまりないので、そのへんにちょっと不満感が出てきちゃうのかなと。私もそういうのが出てきてほしいと思っていますけど、それが出てこないのであれば、以前に説いてくださった教えを読み直して、もっともっと深めていきたいと思います。」




この方はきわめて良識を感じさせる方でした。教団の停滞感、閉塞感をとても強く感じ取られていて、なにかその閉塞感というエネルギー磁場にすっぽりと覆われてしまっていて、出口を見いだせないでいる感じを受けました。頭が極めていい方なのに、どこかで思考力がストップしていて、停滞の根本問題に思考のメスが入らない感じです。そのために、この方ご自身に心の閉塞感があるのだと思います。


もっと素朴に、白紙の目で「これはおかしいのではないかな」「これ変ですよね」という疑問を、ご自身の中でぶつけてみられるようになると、見えてくるものがあるように感じます。白紙で見るというのは、考え方を一度リセットしてみるということです。そのときに、この方の本来の思考力を取り戻されると思いました。


この教団の皆様のカウンセリングを進めてきて思うのですが、どの方も「人と人の心がつながることからくる感動」が消されていて、愛の循環を止められているように感じるのです。その点を突きつめていただくと、心の閉塞感を打ち破る突破口が見出せるのではないかという気がしています。




お知らせ 【省略 前回と同文】
関連記事


     TB(0) | CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集