QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

白装束団体パナウェーブ自然消滅か 千乃会長の死から5年 [福井新聞]

2011/10/26 21:20  Category:宗教系記事

福井新聞(2011年10月26日午後0時54分)
白装束団体パナウェーブ自然消滅か 千乃会長の死から5年

 2003年、「パナウェーブ研究所」を名乗る白装束集団が福井県福井市五太子町に居付き、大騒ぎとなった。上部団体とされる「千乃正法会」の千乃裕子会長=当時(72)=が亡くなって25日で5年。拠点施設やそこに住む人々の服装は白一色ではなくなり、同研究所は自然消滅の道をたどったようだ。
(久慈かおり)

 同研究所は、人体に悪影響を及ぼす電磁波の調査研究を目的に成立したとされる。五太子町に拠点施設ができた時期は定かでないが、03年にメンバーが大挙して本県入りし、大騒ぎになった。
 それ以降、変死事件や不正車検事件、森林の無断伐採などを相次いで引き起こしたものの、06年に千乃会長が亡くなって以降話題に上がることもなくなっていた。
 施設を訪ねると、当時白い布で覆われていた施設は一変していた。やや高いフェンスで囲まれている以外は普通の民家のよう。「エルアール出版」の看板が唯一当時の雰囲気を残す。同出版は千乃正法会の上部団体という。
 中にいた男性に話を聞くと「もう(パナウェーブ)研究所はない」という返答。電話をかけると、別の男性が「研究所はもともと千乃正法会の一部。今は研究所はなくなり、千乃正法会として活動している」と説明してくれたが、排他的な雰囲気がうかがえた。
 近くに住む女性は「最近は犬を散歩させる姿を見るくらい。以前は必ずあいさつしてくれたけど、今では話すことも少ない」と語る。
 03年の騒動時に自治会副会長を務めていた谷口幸雄さん(80)は「5年ほど前は暴走族に花火を撃ち込まれるなどの騒ぎもあったが、最近はすっかりおとなしい。いるのかいないのか分からないくらい」と話す。
 施設には現在も10人前後が住んでいるとみられる。動物が好きらしく、川に落ちたイノシシを助けたり、カラスの餌付けをしていた。苦情を申し入れると改善されるため、目くじらを立てることもないという。
 1、2年前までは施設内を見せてもらってもいたが、最近は「何も分からん」と言う谷口さん。「もうお互い年だから、このまま静かに時間がたっていけばいい」と話していた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/31202.html
(写真)「エルアール出版」の看板がかけられた施設。覆っていた白い布はなく、普通の民家のようだった=福井県福井市五太子町

ウィキペディア:パナウェーブ研究所
関連記事


     TB(0) | CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集