QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

「ネットは匿名」のウソ...中傷ツイートに情報開示命令~ネットウヨク論:番外編

2014/02/10 18:00  Category:未分類

-東京ブレイキングニュース(2014年2月9日12時00分)

 未だにネットは匿名で何でも好き勝手な言葉を吐けると思っている人間がいたら、ぜひこのニュースを読んで欲しい。 「ネットは匿名!」 なんて言い分は、もはや通用しないと諦めるべきである。

『「詐欺師」「自己中」「ぶさいく」中傷ツイートの投稿者情報、開示認める 東京地裁』(msn産経ニュース)

 短文投稿サイトのツイッターで「詐欺師」などと中傷された静岡県の男性(62)が、投稿者を特定するため米ツイッター社に接続情報の開示を求める仮処分を東京地裁へ申し立て、認められていたことが20日、分かった。(中略)

 原告側代理人によると、男性は平成23年ごろからツイッター上で「弁慶東作」と名乗る人物から「この詐欺師!」「自己中ぶさいく」などと繰り返し中傷され、昨年4月、同社に投稿者の接続情報を開示するよう求める仮処分を申請。地裁は7月、男性への名誉毀損(きそん)を認め「IPアドレス」と呼ばれるインターネット上の住所の開示を命じた。

 原告側は同社から開示された情報を元に、プロバイダー(接続事業者)のソフトバンクBB(東京)に氏名や住所の開示を求める訴えを起こし、地裁は今月16日、開示を認める判決を言い渡した。(後略)

 感情的な言葉のやり取りはTwitterの名物とも言えるが、くれぐれも 「法的にどこまでOKか」 を勉強してからツイートするべきだ。 大して勉強もせずに 「ネットの匿名性」 などという大嘘に甘えていると、こういう酷い目に遭う。

 今回のケースで興味深いのは、詐欺師やぶさいくといった、今となっては大して酷い言葉とも思えない単語で名誉毀損が認められている点だ。 ネットのやり取りに慣れると感覚が麻痺し、この程度の単語は挨拶程度のどうでもいい言葉に思えるかもしれないが、裁判所に判断を仰ぐとこうなるのである。

全文 >>  http://n-knuckles.com/serialization/series/news001189.html

関連記事


     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集