QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

衆議院議員下村博文公式WEBより  映画「ファイナルジャッジメント」を観る。(削除済み)

2018/04/24 20:00  Category:個人ブログ

注* 下村博文氏が観た映画「ファイナルジャッジメント」とは、「宗教法人幸福の科学」製作映画。なんらかの批判によるのか、後日以下の記事は削除された。

映画「ファイナルジャッジメント」を観る
公開日: 2012年6月24日 | 投稿者: 下村博文
 映画「ファイナルジャッジメント」を観る。ある日アジアの大国・オウランという国に日本は占領され、思想も、言論も、経済も、すべてが統制下におかれ、逆らうものはことごとく弾圧されていくという未来想定映画だった。
 日本においてそんなことはあり得ないと一笑に付す人が多いだろうが、あながち奇想天外とは言えず、それは充分可能性があることだと私は思う。(以下略)


衆議院議員下村博文公式WEBより >>キャッシュ
下村博文 映画「ファイナルジャッジメント」を観る

以下、読者コメントの一部

小川隆 より:2012年7月10日 2:11 PM
だからって、幸福の科学の映画のコメントをブログに書き込みますか?
オウムの残党が進出してくることで騒ぎになっているところとかありますが、報道によれば幸福の科学関連施設の進出先での住民の反対運動や教団によると思われる嫌がらせはスゴイですよ。

このブログを幸福の科学被害者が読んだらどう思うか。
国防も大切ですが、国内の敵、国民の敵とも戦ってもらわないと。


fsmoon より:2012年7月2日 6:03 AM
(略)
こんなカルト教団の映画見る暇あったらもっと他に貴殿のするべき事、貴殿の立場でしかできない事があるはずだと思いますがそれを提言・具申する秘書や側近さえ居ないのかな?と思ったりしてしまいますね。

追伸: 自民党支持者としてはこんな教団の「没落の法則」に巻き込まれないでいただきたい

下村博文 映画「ファイナルジャッジメント」を観る 読者コメント


kojitakenの日記 2013-07-27
トンデモに「右」も「左」もない! 文科相・下村博文の呆れた「前科」
・・・国防も大事ですが、そもそも『ファイナル・ジャッジメント』って、「樹の下でちょっと瞑想しただけで救世主としての自覚を得てしまった若造が演説するだけで、悪の帝国による支配から脱する“宗教民主主義”を打ち立てちゃう」ってストーリー。言うまでもなく、幸福の科学という団体の宗教宣伝映画です。国会議員が(しかも自民党議員が)この映画を真に受けて国防を考えるというのでは、我が国の国防は確かに危機敵状況なのかもしれません。
続き >> http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20130727/1374885120



https://youtu.be/vBzrmWWI-ec
関連記事


     TB(-) | CM(0)


コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集