QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

【速報】小保方さん会見で唯一助け舟を出した記者の意外な正体

2014/04/09 22:06  Category:メディア

東京BREAKINGニュース 2014年04月09日

一部抜粋

 一連のSTAP細胞論文捏造問題に関する「反論会見」に挑んだ小保方晴子氏。約70日ぶりとなる公の場には、小保方弁護団から記者らに対し独自の参加条件が設けられるなど緊迫したムードの中会見は開始された。

 会場費用23万7600円を自腹で支払い挑んだという小保方晴子氏は、開口一番「論文の掲載方法に関する不勉強、不注意、未熟さ故に論文結果により多大なご迷惑おかけしたことを心よりお詫び申し上げます。」と、あくまでも今回の問題は論文の記載方法の不備であり、STAP現象が否定されるものではないと反論及び謝罪の言葉を口にした。
(中略)
 
 一方で今回の小保方氏会見の直前には、幸福の科学広報誌『リバティ』が号外を配布。エル・カンターレ大川隆法総裁先生が小保方晴子氏の守護霊を口寄せし、会見前にいち早く"本音"を報じるなど強い歩み寄りを見せていたが、質疑応答で最も沸かせた記者も幸福の科学の「リバティ」だった。
(以下略)

関連記事


     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集