QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

文科省の「幸福の科学大学」不認可に学校法人が異議申し立て [サンスポ]

2014/11/27 18:00  Category:メディア


 学校法人幸福の科学学園は、来年の4月に開学を予定していた「幸福の科学大学」(千葉県長生村)を文部科学省が不認可としたことに対して、このほど品川・東五反田の宗教法人幸福の科学総合本部で会見を行い、大学の開学の許可を改めて要求した。

 会見には、幸福の科学学園の木村智重理事長、宗教法人幸福の科学の里村英一専務理事・広報局担当、水谷共宏弁護士の3人が出席。

 文科省の見解を受けて、木村理事長は「事前の相談もなく不認可決定がなされたことに対して、非常にショックを受けている」と話した。

 文科省は開学不認可の理由として、大学が必修科目のひとつとして設定している「創設者の精神を学ぶ」の中で、大川隆法総裁の「霊言」に関する著書を参考図書として使用することを指摘。

 「科学的合理性が立証できていない『霊言(霊言集)』を本大学における教育の根底に据えるということは、大学の目的を達成できるものとは認められない」と説明している。

 これに対して、木村理事長は「大学のカリキュラムは全て既存の学問体系にのっとったものであり、これまで58回に及ぶ文科省とのやりとりや、5回の面接では『霊言』に関する指摘は一切なかった。開学にあたり、クリアできなかった是正意見はこの1点のみで、突然指摘された」と、開学に向けて準備を進めてきた最中での不認可を憤った。

 その上で、「なによりも進学を希望している子どもたちの気持ちを尊重したい」と認可に向けて審査の継続を強く主張した。

 幸福の科学学園は今年10月末、文部科学省から正式に大学不認可を通達されたことを受けて、11月7日に木村理事長が、不認可の取り消しと大学開学の許可を主張して異議申し立てを行った。

 これに対して、文科省は下村博文文部科学大臣の名前で、学園からの異議申し立てを却下する旨の文書を、11月13日付で学園に送付していた。

(紙面から)
 
関連記事


     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集