QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

ナゾの候補者が話題…下村文科相に巨大宗教団体が“刺客”?[日刊ゲンダイ]

2014/11/30 07:00  Category:メディア

日刊ゲンダイ 2014年11月29日

 衆院選公示日を目前に控え、突如“ナゾの候補者”が舞い降り、話題を呼んでいる。

 28日、東京11区から無所属で立候補を表明した長野県出身の病院職員、下村芽生氏(27)だ。東京11区は、下村博文文科相(60)のお膝元。選挙区には2人の「下村」が立つことになった。

 下村芽生氏の立候補が話題になっているのは、巨大宗教団体が下村大臣への“刺客”として送ったのではないか、とみられているからだ。ネット上でも大騒ぎになっている。下村大臣の得票に大きな影響を与えかねないのだ。

 選挙当日、有権者が投票用紙に「下村」とだけ記した場合、すべて“無効”になる可能性があるのである。

 総務省選挙課担当者はこう言う。

「『下村』とだけ書かれた投票用紙を“無効票”にするか、いずれかの候補者の1票としてカウントするかなどは、開票管理者の裁量で判断を下します。1票を得票率に応じて案分するケースもあるようです」 要するに「下村票」は、最悪、すべて無効にされてしまうのだ。

 早くもネット上では「同姓同名だったらどうなんの?」という声も上がっている。実際、巨大宗教団体だけに、同姓同名の「下村博文」を連れてくることも可能なのではないか。

 ちなみに、下村芽生氏は自身の公式ブログ「かくめい日記」で「福祉革命、“新しい下村”」とアピールしている。
 
関連記事


     TB(-) | CM(-)


サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>全記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集