QHS



外部リンク (画像) 文芸春秋の敗訴確定 性の儀式で「幸福の科学」に謝罪 2015年
http://0w.blog.jp/archives/67257482.html (ΦωΦ) へ(のへの)

森田健作千葉県知事の背後に幸福の科学=週刊現代2009/05/09

2011/07/02 18:25  Category:雑誌記事

『週刊現代』2009.5.9

「選挙応援を受け、入信もしていた!」
─── 教団の内部メール、内部証言で明かされる「蜜月」
森田健作 千葉県知事 の背後に幸福の科学

「教団支部で握手会」「教団施設で大勝利祈願」「三帰請願し、最高発展祈願」‥‥大川隆法総裁は説法で「森田健作さんはうちの単独支援で101万票取った」と
・千葉県民への"裏切り" どこが「完全無所属」なのか
・「自民党支部問題」「違法企業献金」に続いて、本誌が掴んだ新事実


 「無農薬をうたいながら、実際は農薬まみれ。森田健作氏がやったことは"食品偽装"といっしょですよ。森田氏は選挙民を謳(だま)して知事に当選したのですから」
 そう憤(いきどお)るのは千葉県議会議員の吉川洋氏(無所属市民の会)だ。
 吉川氏は、市民らで作る「森田健作氏を告発する会」の呼び掛け人。同会は4月15日、森田健作干葉県知事(59歳)を、公職選挙法と政治資金規正法違反容疑で千葉地方検察庁に刑事告発している。同じく、同会世話人の大野博美県議(市民ネット)もこう話す。
 「4月22日に森田知事は県議会で所信表明演説を行いましたが、自身の疑惑について、ひと言も言及しなかった。『開かれた千葉』『日本一光り輝く千葉県』などと、用意してきたペーパーを白々しく読み上げただけ。疑いにフタをしたままで、何が開かれるというんでしょうか‥‥」

 3月29日没開票の千葉県知事選で101万票の圧勝劇を飾った、俳優で元衆院議員の森田健作知事。だが、当選直後から噴出した多くの疑惑は燻(くすぶ)り続けている。
 同会の告発状によると、森田氏は'04年頃から自民党東京都衆議院選挙区第2支部の代表を務めていたにもかかわらず、選挙戦のビラに「完全無所属候補」と印刷して大量に撒(ま)いていた。これは「虚偽事項の公表」にあたり、公選法235条に違反しているという。
 さらに、先の自民党支部が'05年と'06年に、外国人、外国法人の持ち株比率が5割を超えていた「㈱ドン・キホーテ」から計980万円の寄付を受けており、これも当時の政治資会規正法で違反にあたるとしている。
 これに対し、森田氏は、
 「自民党から所属党派証明書をもらっておらず、無所属で立候補した。法律上、なんら問題はない」
 と発言。ドン・キホーテの献金についても、「違法という認識はなかった」とし、持ち株比率が5割を超えた日以降に受けた献金480万円を、「道義的見地から返還した」と居直ったのだ。
 「言われたからカネを返しました、で済む問題じゃない。所属党派証明書の件も、自民党支部の代表なんだから、本来なら・自分で証明書を出せる立場なのに、完全無所属候補を装って選挙活動をするためにあえてそれをしなかっただけでしょう。市民を騙したうえ、その弁明でまたしても市民を欺(あざむ)こうとしている。許せませんよ」(前出・吉川氏)

 森田知事にはこれ以外にも政治団体絡みの"ヤミ献金疑惑"などが持ち上がっているのだが、本誌はそれらとはまったく別の、驚くべき新事実を掴んだ。
 「森田さんは、今回の干葉県知事選で、『幸福の科学』の全面的支援を受けていた。そればかりか、教団に入信までしていたんです」
 そう明かすのは、「幸福の科学」の元信者A氏だ。
 幸福の科学──ご存じのとおり、'86年に教祖の大川隆法総裁(52歳)が創設した新興宗教団体である。国内に約300の支部、海外に約30力国の拠点を持ち、公称信者数は「全世界に1000万人」(教団広報局)。大川総裁は自らを「エル・カンターレ」と呼び、キリスト、モーゼ、日蓮、ソクラテス‥‥‥といった偉人たちの霊と会話ができるのだという。「エル・カンターレ」とは、教団HPによれば「地球系霊団の最高大霊」。その中心部分が地上に降りたのが大川氏なのだという。
 しかし、幸福の科学はこれまで、信者からの強引なカネ集めや、同教団に批判的な弁護士、マスコミ、退会者への高額損害賠償訴訟などで特に注目されてきた。わけても小社(講談社)への常軌を逸した抗議行動は社会に大きな衝撃を与えた。
 '91年、小社発行の「フライデー」(同年8月23・30日合併号)に掲載された大川教祖の批判記事に対し、教団信者100人以上が大挙して社内に乱入する騒動を起こした。また、以降6日間にわたり、24時間ひっきりなしの集団的抗議電話、ファックス送信を続け、さらには、女優の小川知子氏らを先頭に信者がシュプレヒコールを絶叫、小社に連日デモをかけたのである(また、各地で信者による集団訴訟も計7件起こされたが、いずれも請求が棄却され、小社が勝訴している)。

m1.jpg


内部では「M氏」は「森田健作」

 森田知事と「幸福の科学」の関係について、ある教団会員は次のように話す。
 「教団が森田氏を応援していることが一般信者にもわかったのは、幸福の科学出版発行の雑誌「ザ・リバテイ』('08年9月号)が、6ページにわたって森田氏のインタビュー記事を掲載してから。そのすぐあとの"08年10月3日には、森田氏を講師に招いて、東京の教団施設で『日本を元気にしよう!』と題するセミナーを開催しています。その頃にはすでに、森田氏が千葉県知事選挙に出馬するとの噂が流れていましたから、内部では"県知事選で森田氏を応援せよ"というメッセージだと受け取られていました」
 本誌は、森田氏と幸福の科学の「蜜月」をうかがわせる証言や幹部会員同士のメールを多数人手している。
 この昨年のセミナー開催を呼びかけるメール(19ぺージ上写真参照)には、〈宗教に抵抗がある方、親戚の方(中略)などに伝道する絶好のチャンス〉と記されている。森田氏を招いたセミナーが信者拡大に使われたことを明確に示す内容だ。
 そして、今年に入り、幸福の科学は森田氏の選挙活動の全面支援に乗り出す。
 2月15日の信者間のメールには、教団の千葉船橋支部で〈M氏〉との握手会が開かれるため、地区長やスタッフらに信者を30人動員してほしいという連絡事項が記されている。
 「教団では、外部に流れると差し障りがありそうな人物や組織についてはイニシャルを使います,たとえば、ライバル視している創価学会のことはS、S会と呼んでいます。『M氏』はもちろん、森田健作氏のことです」(幸福の科学関係者)
 2月22日、選挙事務所を開いた森田氏は中央公園(千葉市)で街頭演説し、約1500人の聴衆が集まった。だが、じつはこのときも幸福の科学から信者に動員がかかっていたのだ。
 〈中央公園にて、11時半から12時までM氏の応援集会が大々的に行われます!(中略)干葉本部の法友大集合です!〉(内部メール)
 加えて、幸福の科学は森田氏を応援するため、信者に大量のビラを各戸配布させていた。知事選告示(3月12日)後の3月15日の内部メールには、
 〈嵐の中、合羽を買ってポスティング(編集部注・ビラ配り)して下さった方々もいました。本当に、お疲れ様でした。(中略)勝つために、ポスティングはとても重要になります〉
 とあり、〈エル・カンターレ文明の礎をスムーズに築くため〉、信者らの支援を粘り強く呼びかけている。

m2.jpg


「大川総裁に帰依を誓った」

 さらに3月中旬以降からは、幹部が信者に、友人や知人、学校の同窓生らに、森田氏への投票を促す電話を掛けるよう求めている。この電話掛け作戦では、相手の反応によって支持/不支持の感触を4段階に分けて集計し、それを幹部に報告するように指示が出されていた。
 「大川氏はこれまで、参議院議員の丸川珠代さんや、自民党の総裁選にも出た故・三塚博代議士らを応援してきましたが、これほど長期に、しかも組織を挙げて支援態勢を組んだのは森田氏が初めてでしょう。まさに別格の扱い。森田氏のほうも教団の礼拝所などに頻繁に訪れています。他の政治家は、幸福の科学との関係が目立つと別の宗教団体や宗教アレルギーのある有権者が反発して票が逃げると心配して、ある程度教団と距離をとろうとするものですが、森田氏は目立っても構わないと思っているようです」(前出・教団会員)

 ───だが、なぜ「幸福の科学」はこれほど熱心に森田氏を応援するのだろう。その答えを示唆するのが、2月19日付の以下の内部連絡メールである。
 〈M氏は17日に千葉正心館にて百才会の方々を前に三帰誓願をされ、最高発展祈願を受けられました~!(パチパチパチ)〉
 元信者のA氏が、このメールの内容を解説する。
 「正心館というのは精舎と呼ばれる大型施設のこと。礼拝所の他、数百人が宿泊できる設備が整っています。"百才会"はお年寄りの信者のことで、三帰誓願というのは、館長や講師に『仏(つまり大川総裁)に帰依しますか』などと聞かれ、『帰依します』と答えることで信者になる儀式です。つまり、森田氏はお年寄りの信者が大勢いる前で大川総裁に帰依を誓い、幸福の科学に入信したということです」
 そして、投開票日の3月29日、森田氏が信心を誓ったこの千葉正心館において、教団は〈M氏の大勝利に向けて『大勝利祈願』を執り行い〉、森田氏は見事当選を果たしたのである。
 4月5日、大川総裁は幸福の科学湘南支部精舎での説法で、こう発言している。
 「千葉県知事選では幸福の科学が森田さんを応接した。うちの単独応援で101万票取ったのです。他のところの応援は森田さんは全部断っている」
 「創価学会は(信者世帯数は)800万世帯と言っているが、選挙で取れる票が平均で800万票。幸福の科学は千葉県で101万票取ったのです。統計的に換算すると円本で1100万票取れることになる。幸福の科学の選挙集票力だったらそんなものです」

 森田氏が獲得した101万票すべてが幸福の科学の応援で獲得したものだとは、言いも言ったり。だが、数字の信憑性はともかく、総裁が森田氏当選で相当な自信をつけたことは間違いない。
 また、この説法で大川氏は、支持率低迷に喘ぐ麻生太郎首相が辞めないことについて、「幸福の科学が支持していたからです」と断言。「解散しなくてよい、外交で点数を稼ぎなさい、(民主党の)敵失を待ちなさいというのが私のアドバイスだったので、そのとおりにやっているのです。私の説法のビデオが麻生さんのところに届いています」、「政権の中枢部が一生懸命、私の説法を聞きに来ているなどと述べてもいるのだ。
 こうした発言もにわかに信じがたいが、その真偽はさておき、前出の元信者A氏が言う。
 「大川氏は改憲論者で、自分の考えを実現するために政党の結成も視野に入れており、前年には説法で『政党を作る』と発言しています。大川氏は創価学会が公明党を作って政権入りしていることを強く意識しており、昨年3月の信者との質疑では、『公明党と組まないで幸福の科学の政党と組みませんか? と自民党に声を掛けている』などと話しているんです。実際、全国の地方議会では幸福の科学の信者が相当数当選しており、近い総選挙では教団信者が衆議院選挙に立候補します。今回、森田氏を応援したのも、幸福の科学の政界進出の一環なのかもしれません」


m3.jpg


森田氏の応援を認めた教団

 本誌は、森田健作知事に対し、幸福の科学の施設に出入りしている理由、「三帰誓願」の儀式を受けて入信したかどうか、入信したのならばその理由を直接会ってうかがえないかと、取材を打診した。しかし、返ってきたのは森田氏の個人事務所からの回答書1枚。
 「森田の政治信条に共鳴していただける個人、団体については、森田の政策、政見、政治信条などを聞きたいという要望があれば、可能な限り出向いております」
 教団の信者か否かについての質問には答えず、否定もしていない。この回答に、「完全無所属」を標榜しながら、自民党支部に籍をおいていたふてぶてしさに通じる何かを感じるのは本誌記者だけではないはずだ。かつて、"青春一直線"を貫いた森田氏の面影はどこへ行ったのか。彼の姿勢は千葉県民への"裏切り"ではないのか。

 一方、幸福の科学側は、知事選において森田氏を応援したことを認め、「森田氏の誠実さや、勇気のある点などの人柄も信頼できますし、教育にかける情熱にも期待しています」と文書で返答。
 政党を作るとの大川氏の発言についても「政治改革や憲法改正の必要性を説かれる中で、将来的な可能性として言及されたことがあります」と認めた。
 また、大川氏の湘南支部精舎での説法についても発言内容を否定せず、「日本の国師である総裁の説法や経典は、歴代の首相をはじめとする政治家や財界・言論界のりーダーにも届いており、国家の進路に大きな影響を与えています」とて回答した。だが、森田氏が教団の信者であるかどうかについては「祈願を受けたかも含め、個人の信仰の有無については、信仰の自由に関することですので、お答えしかねます」として回答を避けた。
 森田知事は県政に邁進する前に、まず数々の疑惑について説明する義務がある。
[p16-19]
関連記事


     TB(0) | CM(2)


千葉県知事選 森田健作氏が再選
NHKニュース 2013年3月17日 23時33分
千葉県知事選 森田健作氏が再選

任期満了に伴う千葉県知事選挙は17日に投票が行われ、無所属で現職の森田健作氏(63)が2回目の当選を果たしました。
投票率は、31.96%で、前回を13.6ポイント下回りました。

千葉県知事選挙は開票が終了しました。
森田健作、無所属・現、当選 123万137票。
三輪定宣、無所属・新、28万8762票。
佐藤雄介、無所属・新、4万7559票。
自民党の県連と公明党とみんなの党の県議団が支援する現職の森田氏が、共産党が推薦する三輪氏らを抑えて2回目の当選を果たしました。
森田氏は63歳。
俳優で、参議院議員と衆議院議員を務めたあと、2回目の立候補となった前回、4年前の千葉県知事選挙で初当選しました。
今回の選挙戦で森田氏は、自民党の県連と公明党とみんなの党の県議団から支援を受け、東日本大震災の被害を教訓に防災対策に力を入れたいと訴えたほか、成田空港や東京湾アクアラインなどの交通網を生かした地域経済の活性化、それに、治安対策に引き続き取り組みたいと訴えました。
そして、支援を受けた各党の支持層に加えて、いわゆる無党派層などからも支持を集め、当選を果たしました。
千葉県知事選挙の投票率は、31.96%で、前回を13.6ポイント下回りました。
森田氏「公約一つずつ実現していく」

森田氏は「皆さんと約束した公約を一つずつ実現していく。成田空港の一層の活性化や東京湾アクアラインの通行料金800円の恒久化などを通じて、企業誘致など経済対策をしっかり進め、子どもたちが千葉に生まれてよかったと思えるような誇りを持てる千葉県にしたい。次の4年間を全身全霊で千葉県のために頑張りたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130317/t10013263841000.html
[ 2013/03/21 21:51 ] [ 編集 ]
企業宛てにFAXするとか迷惑。
あなたの自己中心的な行動もどうかと思います。
[ 2017/03/02 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










サイト内検索
新宗教「幸福の科学」に関する、教団側・批判側・マスコミの記事などを紹介しています。



キャッシュでキーワードがハイライト表示

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
月別アーカイブ

>>記事更新履歴



ワンコ・ニャンコ緊急ツィート コチラへ

http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-2609.html
犬猫リンク集